妊婦の腰痛(9ヶ月)

30代 女性 浦添市からの来院。
この患者さんは、昨年一度だけ来院されて以来の来院である。

昨年の8月末である。
カルテを見直すと、一応主訴は「肩こり」「疲れやすい」とある。
が、問診では、不妊に悩んでいるとの事で、病院での検査でも特に異常なしとの事であった。

当時の治療ももちろんアクティベータにより調整。

NAETの検査では指輪にも反応があったので、「BBF」と「指輪」のアレルギー除去を行い終了。

それ以来連絡もなかったので、当院の治療を理解していただけなかったものと思っていた。


来院時、「妊娠よかったですね~」と声をかけると、「ハイ、去年8月に治療受けて翌月には妊娠している事が分かったんですよ」との事。


断っておくが、「俺の治療で不妊が良くなった~~~!!」なんて声高に自慢するつもりはない。

ただ、当院の行っている治療は身体の神経系を整えることにある。
少なからず心身のバランスを整える事で、精神的にもリラックスできたのかも知れない。

人間の身体は複雑で繊細なんです。

ちょっとしたきっかけで良くも悪くもなる。
西洋医学では分かりえない部分でもあるわけです。


さて、今回の主訴は左股関節の痛み。
立ったり座ったりする時や、左足に体重をかけると痛い。

お腹の大きな妊婦さんでもうつ伏せで治療を受けていただける。
アクティベータで調整。

治療後、起き上がってチェック。
「アッ痛くないです」
「体重かけても痛みありません」


一年前は特に痛みはなかったので、アクティベータ治療の効果は???であっただろうが、今回は当院の治療の効果を実感していただけた様である。

続けてNAET

基本項目の「タマゴ」を除去


帰りには「パンフレットもらっていいですか?」「知り合いにも紹介します」との事。


もっともっと多くの人に当院の治療を知っていただきたい。

残念ながら、沖縄では当院でしか本物のカイロプラクティック治療とNAET治療は受けられないのである。



沖縄県沖縄市
富村カイロプラクティックオフィス
富村政昭


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック