手指のしびれ

30代 男性 宜野湾市 1年ぶりの来院 
昨日から右手の第1~4指にシビレが出現したとの事 
常にシビレ感じている 

整形外科等には行っていない 


シビレの範囲は正中神経領域である

整形外科に行ったって「手根管症候群」だ何だと診断名を付けられるだけで、ろくな治療はないであろう事は予想が付く


早速治療開始

アクティベータにて神経系を調整 

首・肩の筋群はか緊張で圧痛も酷い 


NAETでは「血液MIX」と「カルシウム」+「不安」を除去


治療後は
「朝よりはいい感じです」との事 



暑い中、現場での作業である

こまめに水分補給を徹底するように指導 

しかし、根本に感情等のアレルギーの問題があるわけである

こればかりは当院でNAET治療を受けていただいた方が良い結果がでやすい

「恐らく明日、明後日にはもっと良くなると思いますから」とお話しさせて頂いた



1週間後の本日(2回目)

シビレはどうですか?

「この間の治療後は徐々に引いて行って、もうシビレはありません」
との事 

よかった

本日は日頃の疲れが溜まっているとの事で来院された 


治療中に色々お話する中で
「整形行ってCTやMRI撮ったって、原因も良く分からないし、他の整体や治療院に行っても良くなってんだか何だか分からないですしね」

この患者さんは本質を見抜いていらっしゃる

皆さん本当は気付いているはずである

もっと多くの方々がこのように賢くならなければ、整形外科や治療院の質も良くならないのだ


その為にも、本当の情報を発信し続けなければと思う・・・
 


沖縄県沖縄市
富村カイロプラクティックオフィス
富村政昭




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 手の指しびれ 手根管症候群

    Excerpt: 最近、「手の指がしびれたり痛い」と訴える女性が増えており、「手根管症候群」が関心を集めています。手根管とは、手のひらの付け根にある、じん帯と骨で囲まれた長さ3cmくらいのトンネル状の部分です。手根管の.. Weblog: 家庭の医学用語集 racked: 2007-09-12 00:15