右肩・腕の痛み(激痛) 40代女性 読谷村

先週に知人の紹介で初来院された患者さん 
その約1週間前に疲れからか?右肩のコリが酷かった為自分でもみほぐしていた 
しかし楽にはならず逆に少し酷くなってきて痛みが出てきたとの事 

そこで翌日に近隣の整体院へ行った
「(痛みが強い為)あまり触れないから」と電気治療及び軽めの整体 

しかし痛みはさらに悪化、右肩は全く動かせない状態 
どんな体制でも痛みが酷く、眠る事も出来ず座椅子で座ったまま仮眠 

整形外科を受診 
画像診断にて「骨の一部に棘があり、それが原因で炎症を起こしている」との診断 
「場合によっては手術も必要」とも言われたとの事
とりあえず痛み止めの注射を打ってもらい飲み薬も処方
しかし痛み止めも、飲むと少々痛みは軽減するが2時間くらいしか効かない
痛みは酷くなる一方との事

依然として眠る事が出来ず座椅子で仮眠 


初回来院時
右腕を抱えるようにいらっしゃった
表情からも疲労感が漂う 

右肩は全く動かせない
右肩前面にそっと触れるだけで
「ヴォ~!!!イッタ~い!!!」と絶叫 

出来る限りアクティベータメソッドのプロトコルに沿って調整し、
後は患者さんの反応を見ながら細かく調整 

治療後は表情が明るくなる

必要以上に痛み止めは飲まない様にアドバイス
しっかり温めるように指導
「エッ?温めていいの?」
「病院の先生が炎症してるって言うし、湿布も貼って一生懸命温めない様に冷やしてました」
との事

本当の様なウソは相変わらず蔓延している


翌日2回目の来院 
「昨日は久しぶりに睡眠とれました」と笑顔も見られる 
「痛み止めも飲まずに我慢できました」との事
しかし依然右肩の痛みは酷い

継続してカイロプラクティックにて調整しNAETにて自律神経を調整


翌日も続けて3回目

セミナー出席の為土日休み明けの本日4回目の来院 
「3回目治療後の晩に、1度だけ痛み止め飲んだがだいぶ楽です」との報告 
「睡眠が取れるようになった事が一番嬉しいです」との事
表情を見ただけでよくなってきているのが分かる

継続してカイロプラクティックにて神経系の乱れを調整

本日は右肩の圧痛も殆どない 
可動時の痛みはまだ強いがも少しずつ動かせるようになってきた
右手が腰に回せるまでに改善

先の見通しが立ってきた
順調に改善している


沖縄県沖縄市
富村カイロプラクティックオフィス
富村政昭

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック