下肢のしびれ・力が入らない(椎間板ヘルニア?) 40代男性

6月の後半に初来院 
6月の初め、バスケットの練習後左のふくらはぎ、母指、脛に痺れを感じた 
翌日、更に悪化 足に力が入らない 

整形外科を受診「ヘルニア」との診断 
痛みどめ、電気治療、リハビリ 

効果なく当院へ 


歩行もぎこちない 

中殿筋に力が入らない、トレンデレンブルグテスト陽性
足関節底屈、背屈でも力が入らないとの事 

麻痺?
今回ばかりはヘルニアが原因か?

状況を説明し治療開始 

アクティベータにて神経系の乱れを調整 
NAETも開始
初回は自律神経及び関連感情ストレスを除去・解放 

「確かに、この事があった日から痺れ出ました」との事


3日後2回目の来院 
バスケットのプレーでは力が入りにくい 
しかし、足関節底屈はOK 

アクティベータにて調整しNAET
基本項目の除去及び関連感情ストレスを解放 


更に2日後3回目
「実は1週間後に大会がある」との事 

何とかしてあげたいところ


4回目来院時、
左の片足立ちが以前までと比べ安定してきた
痺れは変わらず 


本日5回目
痺れに変化はないが、中殿筋はだいぶ良い 
足関節背屈でも以前より力が入る 
「指が開くようになってきました」との報告 

アクティベータにて最終調整 

NAETにて『カビ』を除去 


大会に向け明日出発
万全とはいかなかったが、試合には出場出来るでしょう 

怪我のないように楽しんでください 


来沖後、継続サポート予定 


沖縄県沖縄市
富村カイロプラクティックオフィス
富村政昭

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 椎間板ヘルニア 治療法

    Excerpt: 椎間板ヘルニアにはコラーゲンを豊富に含む線維輪の一部などが突出した状態が椎間板ヘルニアは、よく動く脊椎の部分で起こりやすいのであるために脊椎は重力と平行方向となる。すなわち、椎間板の一部などが突出した.. Weblog: 椎間板ヘルニア racked: 2009-07-19 03:46