浦添、国保引き上げへ。 那覇市、「受診お願い」市長が直筆手紙

本日の琉球新報朝刊記事 

浦添、国保引き上げへ
来年4月から8年ぶり改定
 

【浦添】
 浦添市議会(下地恵典議長)は19日の本議会で、国民健康保険税の1世帯当たりの負担を約8600円増とする条例の一部改正案を賛成多数で可決した。2010年4月から適用される。浦添市の国保税改定は02年以来8年ぶり。浦添市は08年度の国保会計が初めて赤字となっていた。今後、地域ごとの個別健康指導など予防事業を充実させ、医療費適正化を目指す。
浦添市はモデル世帯(2人)の平均額が年額約12万4千円だった。来春からは約13万2千円となる。所得などに応じて税の7~2割が軽減される世帯は1万1555世帯あり、上げ幅は400~3400円となっている。
 浦添市の国保会計は08年度3億5千万円の赤字で09年度予算から繰り上げて補てん。国保税の値上げなどで約1億8千万円の増収が見込まれている。
 浦添市では医療費が毎年2~4億円の伸びで、一般会計からの繰り入れや基金取り崩しで補てんしてきた。08年度は基金残高が約6千万円まで落ち込んでいる。


予防事業を充実させる・・・?


40~74歳の特定健診
「受診お願い」市長が直筆手紙
 

 那覇市は、特定健診受診者への市長直筆のサインが記された「市長からの手紙」送付や担当職員による戸別訪問など、特定検診の受診率向上に向けた取り組みを実施している。
 40歳から74歳までの国保加入者に受診が促されている特定検健診について、国は2012年どまでに受診率65%を達成できなかった自治体に、後期高齢者支援金の10%、額にして約4億6千万円をペナルティーとして課す方針を示している。市は10月を受診率向上強化月間として受診を促している。那覇市は、特定検診受診を無料にしている。
 市によると、08年度受診率は、全国平均で28.3%、県内11市平均で25.7%に対し那覇市は22.3%と低い水準だ。09年度8月時点の累計は約6600人(10.9%)で前年度に比べ増加傾向にあるが、市が本年度の目標とする41%には及ばない数値となっている。
 21日の記者会見で、市健康保険局の大城弘明局長は「受診率向上は市の財政にもつながるが、何より市民の皆さんの健康や幸せにつながる。対象者はぜひ受診してほしい」と呼び掛けた。


手紙を送付、戸別訪問、特定検診無料・・・
それこそ無駄使いでは?

受診率達成できないとペナルティー?
健診の真の目的は?

受診させる事が最大の目的か?

国民の健康など関係ないんですよ、本当は

浦添市
「予防事業を充実せ、医療費適正化を目指す」
当てにならんでしょうな・・・



沖縄県沖縄市
富村カイロプラクティックオフィス
富村政昭

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 26市町村が国保赤字 総額26億円超

    Excerpt: 琉球新報 国民健康保険事業の2009年度会計について15日現在で県内41市町村中26市町村が赤字を見込んでおり、総額が26億円を超えることが、琉球新報社の調べで分かった。  国の交付金額が確定して.. Weblog: 沖縄のカイロプラクター臨床日記 racked: 2010-03-16 15:09