沖縄のカイロプラクター臨床日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 「うつ百万人」陰に新薬?販売高と患者数比例

<<   作成日時 : 2010/01/08 12:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 7 / コメント 0

YOMIURI ONLINE
うつ病患者が100万人を超え、この10年間で2・4倍に急増している。不況などの影響はもちろんだが、新規抗うつ薬の登場との関係を指摘する声も強い。安易な診断や処方を見直す動きも出つつある。

 東京の大手事務機器メーカーでは、約1万2000人いる従業員中、心の病による年間の休職者が70人(0・6%)を超える。2か月以上の長期休職者も30人を超えた。多くがうつ病との診断で、10年前までは年間数人だったのが、2000年を境に急増した。

 この会社の産業医は、「『うつ病は無理に励まさず、休ませるのが良い』との啓発キャンペーンの影響が大きい」と話す。うつ病への対処としては正しいが、「以前なら上司や同僚が励まして復職させたタイプにも、何も言えなくなった。性格的な問題で適応できない場合でも、うつ病と診断されてしまう」と、嘆く。

 国の調査では、うつ病など気分障害の患者は、2000年代に入り急激に増えており、一概に不況だけの影響とは言えそうにない。

 患者急増との関係が指摘されているのが、新規抗うつ薬「SSRI」だ。年間販売高が170億円台だった抗うつ薬市場は、1999年にSSRIが登場してから急伸。2007年には900億円を超えた。
 パナソニック健康保険組合予防医療部の冨高辰一郎部長(精神科医)によると、欧米でも、この薬が発売された80年代後半から90年代初めにかけ、患者の増加がみられた。


 冨高部長は「SSRIが発売されたのに伴い、製薬企業による医師向けの講演会やインターネット、テレビCMなどのうつ病啓発キャンペーンが盛んになった。精神科受診の抵抗感が減った一方、一時的な気分の落ち込みまで、『病気ではないか』と思う人が増えた」と話す。

 田島治・杏林大教授が、学生にテレビCMを見せた研究では、見なかった学生の倍の6割が「気分の落ち込みが続いたら積極的な治療が必要」と答え、CMの影響をうかがわせた。

◆安易な投薬…薬なしで回復の例も◆

 うつ病は一般的に、きまじめで責任感が強い人が陥りやすいとされる。自殺に結びつくこともあり、早期発見・治療は自殺対策の柱のひとつにもなっている。

 ところが近年は、「自分より他人を責める」「職場以外では元気」など、様々なタイプもうつ病に含まれるようになった。検査数値で測れる身体疾患と違い、うつ病の診断は難しい。このため、「抑うつ気分」などの症状が一定数以上あれば要件を満たす診断基準が普及した。「なぜそうなったか」は問われず、性格や日常的な悩みによる落ち込みでも診断され、かえって混乱を招いた面がある。

 田島教授が行った精神科診療所の医師に対する調査では、約8割の医師が、うつ病の診断が広がり過ぎていることに懸念を示した。

 安易な投薬を懸念する声もある。抗うつ薬は、うつ病治療の柱とされているが、宮岡等・北里大教授は「薬なしでも自然に回復するうつ病も多い」と話す。
 海外では、軽症には薬物療法ではなく、カウンセリングや運動などを最初に勧める治療指針も多い。渡辺衡一郎・慶応大専任講師は「日本でも、まず抗うつ薬ありきという認識を見直す時期に来た」と話す。

(医療情報部 高橋圭史、佐藤光展)(2010年1月6日03時03分 読売新聞)

書籍紹介 NHKスペシャル うつ病治療 常識が変わる

DVD紹介 心の病を売り込む 私たちはみな精神病なのか?


沖縄県沖縄市
富村カイロプラクティックオフィス
富村政昭

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(7件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
抗うつ剤、軽中度の症状に効果みられず 米研究
AFPBB News【1月6日 AFP】 軽度から中程度のうつ病には、抗うつ薬治療はほとんど効果がなく、別の治療をした方が良いとの研究結果が、5日の米内科学会誌「米国医師会雑誌(Journal of the American Medical Association、JAMA)」に発表された。 ...続きを見る
沖縄のカイロプラクター臨床日記
2010/01/08 12:27
書籍紹介 精神科セカンドオピニオン 正しい診断と処方を求めて
はじめに ー 誤診・誤処方を受けた患者とその家族より  最愛の息子と妻をずさんな精神医療の犠牲者として失った「地上の旅人」氏が、自分と同じ経験をする人が二度と出ないようにとの思いから開設したウェブサイト「精神科セカンドオピニオン」。2005年10月に開設された本サイトには、心を病み、回復の希望を失った多くのさまよえる患者やその家族が、次から次へと駆け込んできた。サイト内にある掲示板は書き込みで埋まり、開設から2年半を経た2008年5月には、サイト利用者として登録した人数は860名を超えた... ...続きを見る
沖縄のカイロプラクター臨床日記
2010/02/25 11:51
日本の青少年を食い物にする早期介入という戦略
『精神科医の犯罪を問う』より転載 日本の青少年を食い物にする早期介入という戦略 日本の精神医学の暴走が始まりました。 最近の精神医学会の動向を見ると、ある一定の方向に向けられていることがわかります。キーワードは「早期介入(早期発見・早期支援)」です。 最近の精神医療業界の提言は、全て「早期介入」の実現を意図したものになっています。 ...続きを見る
沖縄のカイロプラクター臨床日記
2010/05/28 17:23
社会不安障害(SAD)
母親から緊迫した状況の中、涙ながらのご相談電話を頂いた これまでに何度も自傷行為を繰り返しているとの事 ...続きを見る
沖縄のカイロプラクター臨床日記
2010/06/17 20:39
向精神薬、過量投与に注意促す 厚労省、日医などに初通知
向精神薬:過量投与に注意促す…厚労省が日医などに初通知 医療機関で処方された向精神薬を飲んで自殺を図る人が増えている問題で、厚生労働省は、処方する際に長期、多量となるのを避けるなど細心の注意を払うよう日本医師会(日医)などの関係団体や自治体に通知した。厚労省によると、国が自殺予防の観点から医療機関に向精神薬の過量投与に注意を促すのは初めて。 ...続きを見る
沖縄のカイロプラクター臨床日記
2010/07/06 10:22
精神疾患の早期支援(2)誤診で投薬 未来奪う
yomiDr./ヨミドクター(読売新聞) 〈うさぎくんは、自慢の長い耳に変な声が聞こえるようになった。命令したり、バカにしたり、家でも森でも、どこへ行っても聞こえてくる。頭の中がぐるぐるぐるぐる、怖くて夜も眠れない〉 ...続きを見る
沖縄のカイロプラクター臨床日記
2010/11/10 10:54
児童施設と向精神薬(3) 小刻み歩行の子どもたち
ヨミドクター 佐藤記者の「精神医療ルネサンス」 「このままでは本当の精神疾患にされてしまう」。危機感を強めた精神科医は、施設長に訴えた。 「なぜ、こんな状態になる薬を与えているのですか」 「ここは情緒不安定の子が多く、2人にも早く落ち着いてもらう必要があると考えました。薬のことは、専門医に任せているのでよく分かりません」 「2人は統合失調症ではないし、落ち着かない原因も明確。薬は必要ない」 施設長はしばらく考え込み、答えた。「検討してみます」 ...続きを見る
沖縄のカイロプラクター臨床日記
2012/04/20 20:58

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
沖縄 救急ヘリ ドクターヘリ支援のメッシュサポート
「うつ百万人」陰に新薬?販売高と患者数比例 沖縄のカイロプラクター臨床日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる