沖縄のカイロプラクター臨床日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 抗うつ剤、軽中度の症状に効果みられず 米研究

<<   作成日時 : 2010/01/08 12:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

AFPBB News【1月6日 AFP】
軽度から中程度のうつ病には、抗うつ薬治療はほとんど効果がなく、別の治療をした方が良いとの研究結果が、5日の米内科学会誌「米国医師会雑誌(Journal of the American Medical Association、JAMA)」に発表された。

 米ペンシルベニア大学(University of Pennsylvania)のジェイ・フルニエ(Jay Fournier)氏の研究チームは、一般的に処方される抗うつ薬(ADM)と偽薬(プラセボ)の治療効果の比較のため、ハミルトンうつ病評価尺度(Hamilton Depression Rating Scale)で重度から軽度のうつ病と評価された成人718人を対象に6つの研究を実施した。

 研究の結果、抗うつ薬は、症状の重篤度に応じて、効果が大幅に変わることが分かった。

 JAMAに掲載された論文によれば、非常に重度の症状を伴った患者には大きな効果があった一方で、軽度から中程度、重度のうつ病に対して、抗うつ薬治療の効果はまったくないかごくわずかだった。

 論文は、抗うつ剤に対する研究の大半が重度のうつ病患者に対する治療効果を調べるものであり、重度以下のうつ病治療に対する効果を証明するためには証拠が十分でないと述べた。(c)AFP

「うつ百万人」陰に新薬?販売高と患者数比例


沖縄県沖縄市
富村カイロプラクティックオフィス
富村政昭

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
書籍紹介 精神科セカンドオピニオン 正しい診断と処方を求めて
はじめに ー 誤診・誤処方を受けた患者とその家族より  最愛の息子と妻をずさんな精神医療の犠牲者として失った「地上の旅人」氏が、自分と同じ経験をする人が二度と出ないようにとの思いから開設したウェブサイト「精神科セカンドオピニオン」。2005年10月に開設された本サイトには、心を病み、回復の希望を失った多くのさまよえる患者やその家族が、次から次へと駆け込んできた。サイト内にある掲示板は書き込みで埋まり、開設から2年半を経た2008年5月には、サイト利用者として登録した人数は860名を超えた... ...続きを見る
沖縄のカイロプラクター臨床日記
2010/02/25 11:51
日本の青少年を食い物にする早期介入という戦略
『精神科医の犯罪を問う』より転載 日本の青少年を食い物にする早期介入という戦略 日本の精神医学の暴走が始まりました。 最近の精神医学会の動向を見ると、ある一定の方向に向けられていることがわかります。キーワードは「早期介入(早期発見・早期支援)」です。 最近の精神医療業界の提言は、全て「早期介入」の実現を意図したものになっています。 ...続きを見る
沖縄のカイロプラクター臨床日記
2010/05/28 17:23
社会不安障害(SAD)
母親から緊迫した状況の中、涙ながらのご相談電話を頂いた これまでに何度も自傷行為を繰り返しているとの事 ...続きを見る
沖縄のカイロプラクター臨床日記
2010/06/17 20:39
精神疾患の早期支援(2)誤診で投薬 未来奪う
yomiDr./ヨミドクター(読売新聞) 〈うさぎくんは、自慢の長い耳に変な声が聞こえるようになった。命令したり、バカにしたり、家でも森でも、どこへ行っても聞こえてくる。頭の中がぐるぐるぐるぐる、怖くて夜も眠れない〉 ...続きを見る
沖縄のカイロプラクター臨床日記
2010/11/10 10:48

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
沖縄 救急ヘリ ドクターヘリ支援のメッシュサポート
抗うつ剤、軽中度の症状に効果みられず 米研究 沖縄のカイロプラクター臨床日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる