インフルワクチンを過大評価=母親の9割、正しく理解せず

時事ドットコム
インフルワクチンを過大評価=母親の9割、正しく理解せず-民間調査

インフルエンザワクチンの幼児への効果について、高校生以下の子供を持つ母親の9割が正しく理解せず、半数以上が過大に評価していることが、コンサルティング会社「フライシュマン・ヒラード・ジャパン」(東京)の調査で分かった。

 同社は今月8~10日、全国の24~54歳の母親500人を対象にインターネットを通じて調査した。

 厚生労働省はワクチンが発病を防ぐ効果は、1~5歳の子供では「20~30%」としているが、500人のうち正しく回答したのは全体の3%に当たる15人だけ。57%は「5割以上防げる」などと過大に評価し、「分からない」とした人も36%に上った。

 また、今回の新型インフルエンザが豚由来だと理解している人は59%にとどまり、「分からない」が25%、「鳥由来」と答えた人も15%いた。(2010/02/20-05:42)


10人中2~3人にしか効果が期待でない
予防ね~・・・



厚生労働省 新型インフルエンザワクチンQ&A 平成21年 10月2日時点

(問1)今回の新型インフルエンザワクチン接種の目的は何ですか?
今回の新型インフルエンザウイルスは、感染力は強いのですが、多くの感染者はかかっても軽症のまま回復しています。また、タミフル等の治療薬も有効です。
ただし、国民の大多数に免疫がなく、感染が拡大する可能性があることや、糖尿病やぜん息などの基礎疾患がある方や妊婦の方などが重症化する可能性があることが懸念されています。
今回の新型インフルエンザワクチンの接種は、死亡者や重症者の発生をできる限り減らすことと、こうした患者が集中発生して医療機関が混乱することを防ぐことを目的としています。

3. 新型インフルエンザワクチンの有効性・安全性
(問1) インフルエンザワクチンでどのような効果が期待できますか?


一般的に、インフルエンザワクチンは、重症化防止効果や発症予防効果が期待されていますが、感染防止効果については保証されておらず、新型インフルエンザワクチンについても、同様と考えられます。そのため、頻繁に手洗いをすることや人混みを可能な限り避ける、などの感染予防策を講じることが必要です。


沖縄県沖縄市
富村カイロプラクティックオフィス
富村政昭

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 「小児を向精神薬漬けに......」業界中が結託し肥大し続ける医療ビジネスの闇

    Excerpt: エキサイトニュース 「とりあえず様子を見てみましょう。お薬を出しておきます」 医師からこんな診断をされた経験は誰にでもあるだろう。ハッキリと治療の方向性を見いだせていないのに、薬だけはしっかり買わ.. Weblog: 沖縄のカイロプラクター臨床日記 racked: 2012-02-22 20:52
  • インフル予防接種の効果、昨シーズンは20%

    Excerpt: インフル予防接種の効果、昨シーズンは20% 今年も同程度に 【11月7日 AFP】2016~17年のインフルエンザ流行時に予防接種の効果があったのはわずか5人に1人に過ぎず、今年も同様の効果しか上が.. Weblog: 沖縄のカイロプラクター臨床日記 racked: 2017-11-15 22:18