膝の痛み(オスグット)の改善 バレーボール少女 そして母親も・・・ 豊見城市

2か月前から右膝に痛みが出現
整形外科を受診
画像検査(レントゲン)にて『オスグット』との診断
治療は電気治療のみ


整形と並行して近隣の接骨院?かカイロ院?(どっちかよく分からないが)に通院
「膝の問題(オスグット)は整形で診てもらってください」と膝の問題はノータッチ


膝の痛みは改善なく当初と比べ悪化

そこで母親がネットで検索し来院された


来院時

歩行やダッシュ、膝の屈伸、ジャンプでも痛い
右膝を押しても痛いとの訴え(脛骨粗面上部)


さっそくカイロプラクティックにて神経系の乱れを調整


傍らで見ていた母親は、パチパチ(アクティベータ)しているのを見て『何をしているんですか?』と不思議そう

とりあえず、簡単な説明だけをして調整を進めていくことに


筋肉を検査

大腿四頭筋(中間・内側)のチェックで痛みがある

関連関節、筋群を細かく調整


調整後チェック

歩いてみて?
ジャンプは?
屈伸は?

娘:「痛くない!」

母親:「ウソッ?」「本当??」とビックリ

想像以上の結果に、「せっかくだから私もお願いできますか?」と治療を希望

本日最後の患者さんであったので、続けて受けてもらうことに


慢性の首肩のコリと腰痛もあるとの訴え


カイロプラクティクにて調整

ガチガチの筋を細かく調整

調整後

「うぁ~凄い!、とっても軽い」

スッキリした表情

首の動きがスムーズに

腰も軽くなったとの事

慢性のコリである、また時間が取れる時にでも再来院をお勧めした

娘さん共々、経過を見て頂きながら継続サポート予定



カイロプラクティックの目的、効果を理解してもらうには、結果を実感してもらうのが手っ取り早い(アクティベータテクニックでは特に)

いくらうんちくを並べても、結果が伴わなければ机上の空論で終わる

それはどの療法でも同じ事

整形外科(西洋医学)も例外ではないはずなんですがね・・・




沖縄県沖縄市
富村カイロプラクティックオフィス
富村政昭

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック