新型インフル「疑い」2割が別ウイルス感染だった

新型インフル「疑い」2割が別ウイルス感染だった
昨年、新型インフルエンザ感染が疑われると診断された患者の2割が、インフルエンザ以外のウイルスに感染していたことが、国立感染症研究所などの調査でわかった。

 インフルエンザ以外のウイルス感染症も発症すると重症化する恐れがあるため、注意を呼びかけている。20日に高松市で開かれる日本臨床ウイルス学会で報告される。

 研究チームは昨年9月~12月、兵庫県内の私立病院で発熱などの症状からインフルエンザ感染が疑われると診断された患者計129人に遺伝子検査をした。その結果、91人(71%)は実際に新型インフルエンザにかかっていたが、38人は新型ではなかった。

 38人は季節性インフルエンザにも感染しておらず、調べたところ25人(19%)は手足口病などを起こすエンテロウイルス(10人)、鼻かぜの原因となるライノウイルス(8人)などのウイルスに感染していた。

 新型インフルエンザの流行時、医療機関の多くは、簡易検査で新型と判明しなくても、症状や周囲の感染状況を見て、新型に感染したと判断し、タミフルやリレンザなどの治療薬を処方していた。藤本嗣人(つぐと)感染研室長は「薬が効かない場合、別のウイルスの感染も疑うべきだ」と話している。
(2010年6月17日15時25分 読売新聞)


思い込み診断をしているということですよ!

不要な薬を飲まされているということですよ!

果たして『2割だけ』と、思ってよいのでしょうかね?

それこそ疑う必要がありそうですな



沖縄県沖縄市
富村カイロプラクティックオフィス
富村政昭

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 「小児を向精神薬漬けに......」業界中が結託し肥大し続ける医療ビジネスの闇

    Excerpt: 「とりあえず様子を見てみましょう。お薬を出しておきます」 医師からこんな診断をされた経験は誰にでもあるだろう。ハッキリと治療の方向性を見いだせていないのに、薬だけはしっかり買わされるのだ。 Weblog: 沖縄のカイロプラクター臨床日記 racked: 2012-02-22 20:49
  • 抗インフル薬 合併症に効果見られず

    Excerpt: ◆抗インフル薬 合併症に効果見られず 抗インフルエンザ薬のタミフルとリレンザの効果について臨床試験に使われたデータを製薬会社から独立した研究チームが再評価した結果が公表された。「肺炎など合併症や.. Weblog: 沖縄のカイロプラクター臨床日記 racked: 2014-06-04 16:34