注意欠陥・多動性障害と「誤診」された子ども 100万人の可能性 米研究

AFPBB News
【8月18日 AFP】米国では、幼稚園のクラスの中でも最年少でその分未発達であるがために注意欠陥・多動性障害(ADHD)と誤って診断される子どもが約100万人に上っている可能性がある。米ミシガン州立大(Michigan State University)が17日発表した。研究結果は、医学誌「Journal of Health Economics」に掲載される。

 同大(Michigan State University)のトッド・エルダー(Todd Elder)氏が、児童1万2000人あまりを調査したところ、ADHDと診断される確率は、幼稚園の同じ学年の中でも最年少のグループが最年長のグループより60%高いことが分かった。このクラスの園児が小学校5年生、同8年生に成長した時点で、最年少グループに処方されたADHDの薬の量は、最年長グループの倍以上に上っていた。

 ADHDの判定は医師が行うことになっているが、判定されたケースの多くは、クラスの最年少の園児たちの「問題行動」に関する教諭の所見が影響した可能性があるという。

「しかし、最年少グループの『問題行動』は、情緒や知性の未発達を反映したものでしかないかもしれない」と、エルダー氏は指摘する。
 
 ADHDの最も一般的な処方薬はリタリンと呼ばれる中枢神経興奮剤だが、この薬の長期的影響についてはよく分かっていない。(c)AFP
----------------------------------------------------------------
日本の青少年を食い物にする早期介入という戦略

「うるさいから」子供に抗うつ剤与え続けた夫婦に司法の断罪


沖縄県沖縄市
富村カイロプラクティックオフィス
富村政昭





ふしぎだね!?ADHD(注意欠陥多動性障害)のおともだち (発達と障害を考える本)
ミネルヴァ書房
えじそんくらぶ 高山 恵子

ユーザレビュー:
わかりやすい!ADH ...
是非、読んで最近知名 ...
教育関係者に、是非学 ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ふしぎだね!?ADHD(注意欠陥多動性障害)のおともだち (発達と障害を考える本) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック