膝の痛み(整形ではマラソンは止めた方が良いと言われた) 30代女性

今月初め頃に初来院された患者さん。
先月に行われた尚巴志ハーフマラソンに出場
2~3日後から右膝が激しく痛みだしたとの事。
歩くことも困難なほど。
近隣の整形外科を受診しX線検査
結果は『膝の関節(脛骨部)の軟骨がギザギザになっている』と言われた。
湿布と塗り薬を処方され、「経過を見て改善が無ければ注射」との治療計画
「今後マラソンは止めた方がよい」まで言われたとの事。

湿布と塗り薬の経過は全く改善ないどころか更に悪化してきている

堪りかねて富村カイロへ来院された



初来院時、

右足を引きずって痛々しい。
日常生活にも支障をきたす状態である


さっそくカイロプラクティックにて神経系の乱れを調整

右大腿筋膜長筋に強い圧痛あり

膝関節はもちろん、関連関節、筋群を細かく調整


調整後歩いてもらうと、来院時よりもスムーズ

痛みは少し軽減しているとの事



2日後に2回目の来院

院内に入ってくる足取りも随分と良い

「まだ痛いが、だいぶ軽くなっている」との報告


継続してカイロプラクティックにて神経系の乱れを調整

右大腿四頭筋(内側広筋)に強い圧痛あり

関連関節、筋群を細かく調整


調整後は更に歩行はスムーズに



更に3日後の本日3回目の来院

「だいぶ良くなってきているが、まだ階段の上り下りでは力が入り辛く痛みもある」との報告


継続調整

今回もまだ、内側広筋の圧痛が残る

関連関節、筋群を細かく調整


調整後

治療ベッドに上り下りしてもらいチェック

しっかり力が入る様子

「大丈夫そうです」との事


状態はかなり改善してきているのがはっきりとわかる

そう遠くない内には走れると良いですね




果たして、軟骨がザラついているから痛いのか?

整形外科医はいつまでこんないい加減な診断を続けるのでしょう?

医者、専門医、治してくれる、と信じて受診する患者さん方が不憫でなりません





沖縄県宜野湾市
富村カイロプラクティックオフィス
富村政昭

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック