ヒブ接種後乳児が死亡 5例目

ワクチン接種で乳児死亡、5例目
小児用肺炎球菌ワクチンとインフルエンザ菌b型(ヒブ)ワクチンを接種後に、乳幼児が死亡するケースが相次いでいる問題で、厚生労働省は7日、ヒブワクチンを接種した宮崎県都城市の生後6カ月未満の男児が死亡していたと発表した。両ワクチンに関する死亡例は5例目。

 厚労省によると、男児は2月4日にヒブワクチンとBCGワクチンを同時に接種。接種後は異常はみられず自宅に帰ったが、2日後に死亡した。男児は右心室肥大などの症状があったといい、ワクチンと死亡との因果関係は「評価不能」としている。

 両ワクチンをめぐっては、2月から兵庫県宝塚市、同県西宮市、川崎市、京都市で0~2歳の男女計4人がワクチン接種直後に死亡。いずれも因果関係は不明だが、厚生労働省は今月4日、両ワクチンの接種を一時見合わせることを決定。8日に専門家による検討会が開かれる予定になっている。

画像

============================
書籍紹介 医者が患者をだますとき(続7)
第8章 予防医学という名の魔物


書籍紹介 医者が患者をだますとき(続2)
●医者が薬にこだわるわけ


書籍紹介 ミクロの侵入者、ワクチンに潜むガンウィルス

書籍紹介 『一生、薬がいらない体のつくり方』


沖縄県内唯一!
米国アクティベータ国際上級認定カイロプラクター
NAETプラクティショナー
富村カイロプラクティックオフィス
富村政昭
沖縄県宜野湾市真志喜2-24-14

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック