携帯電話の長時間使用、脳腫瘍リスク高める可能性 WHO

AFPBB NEWS
【6月1日 AFP】世界保健機関(World Health Organization、WHO)の国際がん研究機関(International Agency for Research on Cancer、IARC)は5月31日、携帯電話の長時間使用は脳腫瘍リスクを高める可能性があると発表した。

 作業部会がさまざまな疫学調査結果を分析したところ、携帯電話の長時間使用と悪性の神経膠(こう)腫および良性の聴神経腫のリスクの上昇との間に関連性があるかもしれないことが分かった。そのため、携帯電話で生じる高周波電磁場が「がんを誘発する可能性がある」との結論に至ったという。

 ただしIARCは、こうした関連性が「証明されたわけではない」と強調している。

 IARCは、携帯電話の使用に関して勧告は出していないが、専門家らは、脳腫瘍リスクを減らす方策として「テキストメールの使用」や「ハンズフリー通話」を推奨している。(c)AFP/Marlowe Hood

===============================================
携帯基地局 期限前に撤去 那覇のマンション

書籍紹介 ケータイで脳しゅよう

書籍紹介 告発・電磁波公害


沖縄県内唯一!
米国アクティベータ国際上級認定カイロプラクター
NAETプラクティショナー
富村カイロプラクティックオフィス
富村政昭
沖縄県宜野湾市真志喜2-24-14

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック