足首捻挫、股関節痛 10代 ハンドボール部

10日前に初来院した少年。
約1か月前、着地時に右足首ねん挫。
整形外科受診。
ギブスするほどではなく、サポーターで補助。
リハビリに通院しながら、暫くして部活にフルで参加。
しかし、最近から左足や膝、股関節まで痛みが出てきたとの訴え。
整形ではもうじき、サポーターも外せると言われている。



来院時

右足首の痛みは軽減している様ではあるが、関節は随分と緊張し動きが悪い。

全体的に筋肉の緊張が強く、バランスが悪い。


アクティベータにて神経系の乱れを調整

関連関節、筋肉を調整


身体のバランスを見る限り、このままサポータを外して練習し始めるのは好ましくないと感じた。

その旨を母親ともにお話させて頂き、継続調整をお勧めした。



その4日後に2回目の来院

ナント、「本日、左足を捻挫しました」

左足を着く事も困難な状態


左足首中心に調整

キネシオテープで補助


捻挫を治すわけではないが、機能障害を調整することで回復が促進される

右足と比べて断然早く回復するでしょう。




翌日3回目の来院

昨日まで着けなかった左足だが、少々足を引きずっているがしっかり歩けている。

「昨日よりだいぶ良いです」




更に2日後4回目の来院

更に良い

歩行はかなりスムーズ

しかし、最初に痛めた右足首の硬さが気になる

継続調整



そして本日4回目の来院

歩行は全く違和感なくスムーズ

右足首の緊張も取れてきた。


継続調整



この10日間で、左足首は丁度1週間、ミルミルとかなり順調な回復ぶり

来週には再度整形受診し、サポーターを外す指示がでる予定である。



継続サポート予定


捻挫後でも、しっかりと良い治療を受ければ回復が早い。

早めにご相談ください。


沖縄県内唯一!
米国アクティベータ国際上級認定カイロプラクター
NAETプラクティショナー
富村・カイロプラクティック・オフィス
富村・カイロプラクティック・オフィス(旧)
富村政昭
沖縄県宜野湾市真志喜2-24-14

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック