左肩の激痛⇒20年来の膝痛が軽減 40代男性

1週間前に初来院された方。
昨年10月から、首から左肩、腕全体にかけて激痛があるとの訴え。
整形受診しレントゲン撮るも「異常なし」。(痛み止めと、B12処方)
じっとしていても痛く、横になる事も出来ない。
その為、車で寝ている(シートの背もたれがあるので)との事。


来院時

全身、筋肉はパンパンに張っている


うつ伏せ時も、左腕をあちらこちらに動かしていないと痛みが走りじっとしていられない。


アクティベータにて神経系の乱れを調整

関連関節、パンパンに張った筋肉を調整


調整後、来院時と比べ楽になったとの事。


キネシオテープにて補助




本日2回目の来院

「だいぶ軽くなってます」との報告

この1週間で少々張りが強くなってきた様であるが、以前と比べると格段に軽い様だ。



アクティベータにて神経系の乱れを調整

関連関節、筋肉を調整

初回のように左腕を動かす事もほとんど無い。


調整後

「楽ですね~」

「あの~、話してなかったんですが・・・」



何でも、20年以上も前に、バレーボールで膝を傷め、靱帯や半月板を数回手術している。

リハビリを続けるも、筋肉は付いたが痛みは良くならなかった。

それでもテーピングでがっちり固めバレーボールを続け、再度傷めた時には、ある医師は手術を勧められたが、他の医師には「もう手術してもよくならないのでは?」と言われるほどボロボロだったとか。

以来、しゃがむ動作も殆ど出来ない(膝が90°も曲げられない)。
ましてや正座なんてした事無かったのが、前回後、痛みが軽くなっている事に気付いたとの事。

「試しにしゃがんでみたら、出来たんですよ」(驚)

肩痛の軽減以上に、膝の痛みの軽減にビックリしている様だ。


次回からは膝も細かく診ていく事にしましょうか。

今後も継続サポート予定


沖縄県内唯一!
米国アクティベータ国際上級認定カイロプラクター
NAETプラクティショナー
富村・カイロプラクティック・オフィス
富村・カイロプラクティック・オフィス(旧)
富村政昭
沖縄県宜野湾市真志喜2-24-14

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック