股関節の痛み、跛行(ペルテス病の疑い)  男児 

正月休みにバドミントンをやってみたら夢中に。
股関節に痛みがあったが休まず頑張ったとの事。
歩き方も変であったが、痛いからかばっているのだろうと気楽に考えていた。
現在、膝には痛みナシ。
股関節の痛みが良くならず、数週間前に整形受診しペルテス病の可能性があると言われビックリ。
現在経過を見ながら、次回の検査待ち。




御家族はまだ、ペルテスでは無いのでは?との思いもある様子。
股関節の痛みが出る前に、何度か転倒し膝を強打した事もあり、そのせいではないか?と考えている。
以前から若干内股気味だったとの事



見るからに歩行に異常あり。

右股関節内旋外旋・内転外転・屈曲で痛い。

仰向け寝で膝を胸に近付けていくと若干痛みあり。



右側のいくつかの筋肉で働きが悪い

アクティベータにて神経系の乱れを調整

関連関節、筋肉を調整


少し可動域が広がってきた。

働きの悪かった筋肉もしっかり安定してきた。

仰向けで膝を胸に近付けていっても痛みなし。



調整後

立ってみて?

「えッ!」

一瞬で男児の表情が変わった。

「歩きやすい」(驚)


明らかに歩き方が変わった。(ビデオ撮影すれば良かったかな?と少し後悔)

男児も母親も笑顔である。



痛みが軽減したからと言っても、ペルテスの可能性がある訳で。

当面は股関節に負担をかけない様に注意して頂く。


どちらにしろ、今後もハビリが必要である。

当院で継続調整したほうが断然効果的でしょう。


遠くから大変であるが、出来る限り通院して頂く予定。




沖縄県内唯一!
米国アクティベータ国際上級認定カイロプラクター
NAETプラクティショナー
富村・カイロプラクティック・オフィス
富村・カイロプラクティック・オフィス(旧)
富村政昭
沖縄県宜野湾市真志喜2-24-14

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック