興奮や失神、卒倒… 子宮頸がんワクチン接種で厚労省が注意呼びかけ

産経ニュース
子宮頸(けい)がんワクチンを接種した際の強い痛みによるショックから気を失ったり、倒れたりするケースが多発しているとして、厚生労働省は27日、医療機関に対し注意喚起を行った。

 子宮頸がんワクチンは平成22年11月から小学校6年~高校1年の女子を対象に接種費用の公費助成が行われている。注射は肩近くの筋肉に行われ、皮下注射の他の予防接種より痛みが強い。このため、注射そのものの痛みや恐怖、興奮などから失神したり、倒れたりする副反応が起きることがあるという。

 厚労省によると、接種後の意識消失などの症例は今年3月までに、延べ634万人に接種されたグラクソ・スミスクライン社のサーバリックスで683例、延べ約53万人に接種されたMSD社のガーダシルで129例。うち転倒して頭を強く打ち付けたり、鼻を骨折したりするなど二次被害が起きたケースも前者で38例、後者で13例あった。

 接種後30分から1時間で症状が現れることもあり、厚労省は(1)接種後の移動は医療従事者や保護者が付き添う(2)接種後30分程度はいすなどに腰掛け、安静にする-などの対策を徹底するよう呼びかけている。

===========================
失神するほど痛い注射を、小児にうって大丈夫なのでしょうか?
栃木県の小学校で全国初の子宮頸がんワクチン集団接種

当初から指摘されていたはずですが?
厚労省はちゃんと厳正に審査したんでしょうか?

ワクチン接種:子宮頸がんで失神の報告多く 確認へ
子宮頸がんワクチン(商品名=サーバリックス、グラクソ・スミスクライン社製)は、販売開始の09年12月~11年1月の重篤な副作用報告の計110人(推定接種者数は67万人)のうち、「失神」が25件で比較的多かった。委員からは「他のワクチンに比べ痛みや失神が多いとの指摘がある」などの発言があり、厚労省が同社に確認するという。

インドで「子宮頸癌ワクチン」接種の犠牲者多数で緊急停止!?
死亡以外の健康被害は、胃障害、てんかん、頭痛や早発初経。
女性の活動家たちは、これまで悪い症状が出ていない女子にも精神的な悪影響があるのではないかと恐れている。



沖縄県内唯一!
米国アクティベータ国際上級認定カイロプラクター
NAETプラクティショナー
富村・カイロプラクティック・オフィス
富村・カイロプラクティック・オフィス(旧)
富村政昭
沖縄県宜野湾市真志喜2-24-14

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 書籍紹介 医療ビジネスの闇 (2)

    Excerpt: ◆罪はペーパーカンパニーへ“飛ばせ”  ビッグファーマーの最大手ファイザーは、2005年に消炎鎮痛薬「べクストラ」を市場から引き揚げました。目的外使用(承認適応症外使用/オフラベルユーズ)という不法.. Weblog: 沖縄のカイロプラクター臨床日記 racked: 2013-02-19 14:37