アレルギー性鼻炎、蓄膿、オスグット、中学生陸上部記録伸ばしたい 

今月初めに初来院された中学生。
とある競技で地元地区では負けなし。
しかし、県の大会ではどうしても3位止まり。
鼻の症状も含め、何とかならないか?とのご相談。
2週間後には地元地区の大会が、3週間後には県の大会が控えている。
県では自己ベストを出しても1位・2位の選手には届かないとか・・・。


鼻炎はこの数年ずっと病院に通院し薬を服用。漢方も飲んでいるが改善なし。
少し前に風邪をひいた際に抗生剤を処方され服用中。



まずは抗生剤を止めるようにアドバイス

風邪で抗生剤を出すような医者には掛らない方が賢明である。

その他の薬も反応はあまりよろしく無い。

何れ止める事を目標とする。

この数年も改善が無いわけでから、何のために飲んでいるか考える必要がある。





アクティベータにて神経系の乱れを調整

働きの悪い、筋肉及び関節を調整


NAET開始

初回は「心と体のバランス」及び感情緊張パターンを調整



1週間後に2回目の来院


継続調整

NAETでは「タマゴ」を調整



更に1週間後3回目(地元地区の大会前日)

前回後、「蓄膿が良くなった」との報告。

左の膝に少し痛みがあるとの事。(アップ前は痛い)


関連関節、筋肉を調整。

膝の痛みなし。念のためキネシオテープ。

NAETでは「カルシウム」及び緊張パターンの調整



5日後に4回目の来院(県の大会2日前)

地元地区の大会では得意種目はタイムは伸びなかったものの貫禄の1位。
普段は出場しない種目でタイムが大幅に伸び、2位になったとの報告。

この数日鼻の調子が良いとの事。


継続調整

NAETでは「ビタミンB」及び緊張ストレスパターンを調整




そして本日5回目の来院

県の結果は?

見事、大幅にタイムを更新しついに2位浮上!

1位とは2秒差まで追い詰めたとの事。


やりましたね。

これほどうまくいくとは驚きですが。

うまく機能しましたね。

おめでとうございます。



それでも、まだ鼻炎は残っている。

薬は全く飲んでいない。

膝の痛みナシ。



継続調整

NAETでは「砂糖」の調整




また2週間後に大きな大会があるとの事。

次の目標はもちろん1位。

出来る限りのサポートさせて頂く。



沖縄県内唯一!
米国アクティベータ国際上級認定カイロプラクター
NAETプラクティショナー
富村・カイロプラクティック・オフィス
富村・カイロプラクティック・オフィス(旧)
富村政昭
沖縄県宜野湾市真志喜2-24-14

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック