両肩の肩関節周囲炎(四十肩) 40代男性

今月初めに初来院された方。(飲食業)
両肩が痛くて上がらないとの訴え。
昨年11月から左肩が痛み出し右肩も徐々に痛みが出てきた。
整形外科受診「肩関節周囲炎」との診断。特に治療なし。
整骨院へ通院するも、その場は少し楽には鳴る程度。
現在まで症状の変化なし。
左肩が痛くなる以前には右肩から腕にかけて痺れがあり、整形にて「軽度のヘルニア」と診断受けている。



来院時

痛みで睡眠もままならないとの事
右肩の方が程度は軽い



アクティベータにて神経系の乱れを調整

関連関節、筋肉を調整


両肩の問題のため、まずは比較的楽な右肩をメインに調整




4日後2回目の来院

「少し可動域が広がった気がします」

「光が見えてきたかも?」



継続調整



1週間後の本日3回目の来院


「右肩はかなり楽になってきました」

「左肩は、特にに朝方は首から肩がパンパンに張ってます」
「腕までとっても重だるいんです」



本いつからは左肩をメインに継続調整


「なんだか急に痒くなってきました」

調整途中から左腕をしきりに掻きだした。

血流が良くなってきたための反応かもしれませんね。



調整後

左腕の重だるさは無いとの事


今後も継続サポートさせて頂く予定


沖縄県内唯一!
米国アクティベータ国際上級認定カイロプラクター
NAETプラクティショナー
富村政昭B.C.Sc,B,App,Sc
富村・カイロプラクティック・オフィス
富村・カイロプラクティック・オフィス(旧)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 両肩の肩関節周囲炎(四十肩) 40代男性  (経過)

    Excerpt: 6月から通院されている方。 一進一退、その後もがんばって週1回ペースで通院。 10月に入り、だいぶ良い反応。 両肩ともにかなり可動域が広がってきた。 特に左肩は見違えるほど。 Weblog: 沖縄のカイロプラクター臨床日記 racked: 2012-11-06 18:15