日本脳炎予防接種後、男児死亡

YOMIURI ONLINE
17日午後5時15分頃、岐阜県美濃市の小児科医院で、小学5年の男児(10)が日本脳炎の予防接種を受けたところ、直後に意識がなくなり、心肺停止状態となった。
男児は別の病院に搬送されたが、約2時間半後に死亡が確認された。

 県警関署の発表や医院の説明によると、男児は母親(36)と医院を訪れ、小学3年の妹とともに接種を受けた。妹は特に異常なかったという。同署では、男児が何らかのショック症状に陥ったとみて、死因などを調べている。

 院長(73)によると、男児は今回が初めての接種で、問診票には、アレルギーがないと書かれていたという。

 院長は「ワクチンは1人分ずつ用意しており、適切に接種した。発熱などの副作用は知っているが、今回のような例は聞いたことがない」と話している。

 日本脳炎のワクチン接種は、副作用被害が相次いだため2005年から行われなくなっていたが、新ワクチンが開発され、09年に再開されていた。

(2012年10月18日11時11分 読売新聞)

==============================


沖縄県内唯一!
米国アクティベータ国際上級認定カイロプラクター
NAETプラクティショナー
富村・カイロプラクティック・オフィス
富村・カイロプラクティック・オフィス(旧)
富村政昭
沖縄県宜野湾市真志喜2-24-14

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック