子宮頸がんワクチン重い副反応 中学生、長期通学不能に

子宮頸がんワクチン重い副反応 中学生、長期通学不能に
【斎藤智子】子宮頸(けい)がんワクチン「サーバリックス」を接種した東京都杉並区の女子中学生(14)が、歩行障害などの重い症状が出て、1年3カ月にわたり通学できない状況だったことが、7日の区議会で明らかになった。無料接種を行った区は「接種の副反応」と認め、補償する方針だ。補償額は未定。

 サーバリックスは3回の接種が必要。母親によると、女子中学生は12歳だった2011年10月に区内の医療機関で2回目の接種をした。その直後、接種した左腕がしびれ、腫れて痛む症状が出た。症状は脚や背中にも広がり入院。今年1月には通学できる状態になったが、割り算ができないなどの症状が残っているという。

 接種した区内の医療機関は「サーバリックスの副反応」と診断し保健所に報告した。厚生労働省によると、昨年8月末の時点で、全国で接種した延べ663万5千人のうち956人に副反応が起きているという。失神が多いが「四肢の運動能力低下」「歩行不能」などで未回復の例もあり、副反応の発生率はインフルエンザワクチンの10倍程度という。


========================
画像

画像

画像

書籍紹介 医療ビジネスの闇 (1)

書籍紹介 医療ビジネスの闇 (3)
◆次のドル箱は「ワクチン事業」

書籍紹介 医療ビジネスの闇 (4)
◆ワクチンでの副作用で訴えられることはない
アメリカで、子供にワクチンのガイドラインを作成しているのは「AAP」(アメリカ小児学会)です。この団体は、ワクチンメーカーである製薬会社から献金を受けていますが、額は公開していません。また、自分たちの勧めたワクチンの副作用で訴訟になった場合、担当小児科医およびワクチンメーカーは免責とする法律を制定するよう、AAPは議会のロビー活動を通じ、圧力をかけていました。その結果成立したのが1986年の「NCVIA」(連邦小児ワクチン障害法)です。


書籍紹介 医療ビジネスの闇 (5)

HPV(子宮頸癌)ワクチンの大インチキを暴く



沖縄県内唯一!
米国アクティベータ国際上級認定カイロプラクター
NAETプラクティショナー
富村政昭B.C.Sc,B,App,Sc
富村・カイロプラクティック・オフィス
富村・カイロプラクティック・オフィス(旧)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • そのワクチン!本当に必要なのですか?

    Excerpt: 以下は、子宮脛がんワクチンを推奨しているサイトのHPVの説明文です。 ジャパンワクチン株式会社とグラクソ・スミスクライン社のリンクがありますから、資金提供があるのでしょう。 すべての女性に知っ.. Weblog: 沖縄のカイロプラクター臨床日記 racked: 2013-04-06 19:20
  • 子宮頸がん予防接種 メリット10万人に7人 

    Excerpt: 子供に打たせる前に、よ~く考えてくださいね。 Weblog: 沖縄のカイロプラクター臨床日記 racked: 2013-05-14 13:20
  • 子宮脛がんワクチン 「アルミが副作用の原因」と指摘

    Excerpt: 子宮頸がんワクチン中止訴え、都内で国際シンポ 「アルミが副作用原因」専門家指摘 多くの副作用が報告されている子宮頸(けい)がんワクチンについて、国内外の医学者らが二十五日、東京都内で国際シンポジ.. Weblog: 沖縄のカイロプラクター臨床日記 racked: 2014-02-26 13:29