バドミントン中に肉離れ  40代 豊見城市

2年振りに来院された方。
10日前、バドミントン練習中、足が滑って右太もも裏を傷めた。
内出血などはなかったとの事。
整形外科を受診し『肉離れ』と診断で安静にするよう指示。
痛みは少し軽減してきたものの、まだ歩行時や座位からの立ち上がりで痛む。
もちろん、バドミントンでの動きの様に足を開くと痛む。



試合とか近いんですか?

「今週末に大きな大会があります」との事

何とかしてみましょう!




傷めた右とは逆の左側筋肉の働きが悪い

右ハムスト緊張


アクティベータにて神経系の乱れを調整

関連関節、筋肉を調整


調整後、

「あれっ?だいぶ軽い」

右足をグッと伸ばしても痛みはなく、筋肉痛の様な重だるさが残るとの事

軽いダッシュでは若干の痛み残り


更に調整

「さっきよりいいです」
「だいぶ良くなりました」



キネシオテープで補助

これで明日から練習を再開してもらい、経過を見て頂く。

週末の大会には間に合いそうです。



沖縄県内唯一!
米国アクティベータ国際上級認定カイロプラクター
NAETプラクティショナー
富村政昭B.C.Sc,B,App,Sc
富村・カイロプラクティック・オフィス
富村・カイロプラクティック・オフィス(旧)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック