子宮頸がんワクチンで学校生活支障171人

画像

 子宮頸(けい)がんワクチン接種後の体調不良で、学校生活に支障が出ている中学・高校の女子生徒が昨年度、全国で171人いたことが、文部科学省の調査で分かった。うち4割は調査時点でも症状が改善していないという。同省は、体調不良の生徒について、心身の状態に応じて学校生活で適切な配慮をするよう要請した。

 調査は6~7月、全国の国公私立の中学、高校、特別支援学校約1万6700校を対象に実施。体調不良のうち年間計30日以上、学校を欠席した生徒は51人で「発熱や関節痛、歩行困難で入院した」「頭痛で登校が困難」「手足が震える」などの症状を訴えた。体育や部活に計30日以上参加できなかった生徒は21人いた。

 厚生労働省は今年4月、子宮脛がんワクチンを原則無料で受けられる定期接種に位置付けた。しかし、副作用が報告されたため、積極的な接種の呼びかけを中止するよう全国の地方自治体に勧告した。

==============================

記事も小さいですね~。


関連情報

「子宮頸がんワクチン」を考える
自治医科大学附属さいたま医療センター教授 今野良氏に聞く


この方は確か、「ワクチン接種と検査で100%予防できる」とおっしゃっていたお医者さんですね。
私個人的には、信用できません

栃木県の小学校で全国初の子宮頸がんワクチン集団接種


沖縄県内唯一!
米国アクティベータ国際上級認定カイロプラクター
NAETプラクティショナー
富村政昭B.C.Sc,B,App,Sc
富村・カイロプラクティック・オフィス

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 子宮脛がんワクチン 「アルミが副作用の原因」と指摘

    Excerpt: 子宮頸がんワクチン中止訴え、都内で国際シンポ 「アルミが副作用原因」専門家指摘 多くの副作用が報告されている子宮頸(けい)がんワクチンについて、国内外の医学者らが二十五日、東京都内で国際シンポジ.. Weblog: 沖縄のカイロプラクター臨床日記 racked: 2014-02-26 13:29