障がい者スポーツサポート

画像

本日は午前中で切り上げて、行ってきました金武町営プール。
沖縄県障がい者スポーツ協会主催の水泳記録会へ、今回は、当院へへ通院されているクライアントさんのパーソナルサポート。



当初は会場の外で、人目を避けるように施術していたのですが、競技合間にハプニングが・・・。

「先生~、富村先生はいますか~!」

私の担当するライアントさん以外はすべて面識のない方々。

ナンデ私の名前を呼んでるの?

あれ?

何かいけないことしちゃった?



「○○さんが大変です!」

「泳いだ後、スゴイ痙攣してて」

「直ぐに下で診て下さい」



あら~、想定外の展開です。

全力で泳いだら酷い痙縮が出るという事は、前々から本人より聞いていましたから驚きませんが。

まさか、コーチが助けを呼びに来るとは。

しかも、直ぐに痙縮を止めろってことですか・・・。




とりあえず、アクティベータ器とキネシオ持ってプールサイドへ。

その間、しばし競技ストップ。

私のクライアントさんの両下肢は膝が伸びきった状態でブルブルガクガク。

・・・。

本日の最終競技。

何が何でも、水に入ってスタート切るまでは痙縮を止めないと始まらない、というか終わらない。


アクティベータにて固まった筋肉、関節を調整


すると、思ったよりも早く震えが止まり膝が曲げられる様に。

いける!


車イスでスタート台へ

程なく競技再開

よかった。


しかしゴール後、水から上がると再び酷い痙縮。

再度アクチベータにて調整

そばにやってきたコーチも「これスゴイですね!」と効果に驚かれた。

大会スタッフの理学療法士さんもアクティベータ器に興味深々
「これなんですか?初めてみました。」「何をしてるんですか?スゴイですね。」

一時的とはいえ、目の前で、ほんの数分で酷いクローヌスが止まったのを目の当たりにしたのですから興味がわかないはずはありませんね。

その他の選手の方々も何人か傍らで見ていらっしゃいましたが、アクティベータはおろかカイロプラクティックという名前すら聞いたことが無い方もいらっしゃってガックリ。

この様な院外活動を通して、カイロプラクティックを知ってもらう事は大事ですね。


次は6月!

沖縄で開催される予定の
第25回九州身体障害者水泳選手権大会

今回はそれに向け、予行演習も兼ねてのサポートでした。

あまり時間的に余裕が無いこともありましたし、少々勝手が違い色々と反省点だらけでしたが、まー良しとしましょう。

また、今回は個人的なサポートだけでしたが、その他の選手も希望があれば喜んでサポートさせて頂きます。

気兼ねなくご連絡下さいね。
画像

海外では、多くのトップ選手がカイロプラクティック治療を受けています


沖縄県内唯一!
アクティベータ国際上級認定カイロプラクター
富村政昭B.C.Sc,B,App,Sc
富村・カイロプラクティック・オフィス
浦添市内間3-16-14
050-3564-1858

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック