両膝が痛くて立ち上がるのが困難  女性

両膝痛を訴え2日前に初来院された方。
数か月まえから、とあるDVDを見ながらの運動を開始。
中腰での動作が多いためか、まずは右膝に痛みが出たとのこと。
そして徐々に左膝にも痛みが出始めたため、整形外科を受診。
レントゲンを撮り骨に異常なし。
「強いて言えば、変形性膝関節症」と言われ、湿布薬処方に筋トレリハビリ。
筋トレリハビリは週1回通っている。

その間近隣の整骨院へも通い、電気治療を受けた症状は悪化していくばかり。
「実はもう1つ別の整形外科でも検査を受けたが、どちらも同じ診断でした」
そこで富村カイロヘ来院された。




来院時

階段の上り下りも手すりを使わないと痛い。

椅子からの立ったり座ったりも、両手で椅子を押してから出ないとできない。

湿布を貼ると少し楽な気がするので毎日貼っているとの事。



正座はできます?

「いや~どうだろう」

できました。

太もも前面が少々突っ張るものの、正座OK

立てます?

「無理です」



膝関節の屈曲伸展に問題なし。可動制限ないんです。

つまり、筋肉に力が入らず支えきれなくて痛くて立てないんです。

筋力が無い・弱いのではないですよ。

『運動したら突然筋力が無くなった』なんてあるわけないでしょ?あったとしたら別の科を紹介すべきでしょう。

この方のレントゲン撮る必要あります?整形外科医さま

『強いて言えば変形性膝関節症』 ですと?






まずは筋肉をチェック

右の腸腰筋、大腿筋膜張筋、大腿直筋、中間・内側広筋
左の大腿直筋、中間・内側広筋の働きが悪く痛みを伴う



神経系の乱れ、関連関節、筋肉を調整


調整後はだいぶ力が入るようになってきた。


階段の上り下り、手すり使わずOK

椅子からの立ち上がりはまだ恐る恐るだが、両手で支えずに立ち上がれるようになった。

「だいぶ良くなってると思います」


以後は、病院のリハも行く必要はないでしょう。

シップもやめてください。

無駄ですから。

んっ? なにか文句ありますか?整形外科医さま




本日2回目の来院

日常生活ではだいぶ動けるようになってきた様子。

「太ももに力が入れられる様になってます」


継続調整


未だに、しゃがみ込むほどの膝屈曲位からの立ち上がりは困難なものの、膝90°程度からの立ち上がりはスムーズになってきた。

「こんな風に出来なかったですから」と笑顔である


順調な経過です。

今後も継続サポートさせて頂きます。



画像に異常がなかったら診断できない!

強い思いこみに基づく医学

悲しき整形外科医

ムダ医療仕分けが患者を救う Newsweek記事



沖縄県内唯一!
アクティベータ国際上級認定カイロプラクター
富村政昭B.C.Sc,B,App,Sc
富村・カイロプラクティック・オフィス
浦添市内間3-16-14
050-3564-1858

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック