肘の痛み(野球肘)  中学生 西原町

2日前に初来院の野球部。
1年前に発症し、一旦は改善していたものの再発。
スポーツ専門医の見解は「若干棘状の骨があるのでそれが神経を圧迫しているのでは?」「手術の必要なし」。
患部周りの筋肉を鍛えるしかないとも言われたとか。
色々と調べ、富村カイロへ来院された。




来院時

塁間の送球では痛みナシ

投球動作で痛みあり

右前腕の屈筋群はガチガチ

肘内側部に圧痛あり


右上腕二頭筋(スピードテストで患部に痛み伴う)、肩甲下筋の働きが悪い


神経系の乱れ、関連関節、筋肉を調整


調整後はスピードテスト時の痛みナシ





本日2回目

昨日は練習試合

「塁間よりも長い距離で送球しても痛み無かった」との報告

「いい感じでした」




右上腕二頭筋(スピードテストで若干の痛み)、大胸筋の働きが悪い


調整後は痛みナシ


ふと見ると、左側の目の開きが悪い(眼瞼下垂)

三半規管の機能低下あり


機能神経学的アプローチ後は目がパッチリ開いてきた

来月の大舞台に向け、肘の障害だけではなくコンディショニングサポートさせて頂きます。




沖縄県内唯一!
アクティベータ国際上級認定カイロプラクター
富村政昭B.C.Sc,B,App,Sc
富村・カイロプラクティック・オフィス
浦添市内間3-16-14
050-3564-1858

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック