統合失調症薬死亡!

画像

5か月で21人 因果関係は不明
厚生労働省は17日、昨年11月に国内で発売された統合失調症治療薬「ゼプリオン水懸筋注(すいけんきんちゅう)」を投与された後、患者が死亡する症例が16日までに21例あったと発表した。いずれも因果関係は不明だが、短期間に相次いだことから、同省は販売する「ヤンセンファーマ」(東京)に添付文書の使用上の注意を改訂し、注意喚起を行うよう指示した。

 厚労省安全対策課によると、死亡したのは20~70代の男女21人。同薬を筋肉注射後、数日から数カ月後に心筋梗塞や肺炎などで死亡した。同薬は昨年9月に承認され、これまで推定1万900人が使用。同省は複数の抗精神病薬との併用が必要な不安定な患者に使用しないことなどを呼び掛けた。

===========================

精神疾患の早期支援(2)誤診で投薬 未来奪う
 
長妻昭厚生労働相「薬漬けの問題」との発言に対し、日本医師会「国民の誤解招く」

向精神薬、過量投与に注意促す 厚労省、日医などに初通知




沖縄県内唯一!
アクティベータ国際上級認定カイロプラクター
富村政昭B.C.Sc,B,App,Sc
富村・カイロプラクティック・オフィス
浦添市内間3-16-14
050-3564-1858

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック