右肘内側の痛み(野球肘)  野球少年 八重瀬町 

4日前、久しぶりに来院した少年。
年明けから右肘が痛み出し、先週になって整形外科を受診。
「骨が剥離気味」とのことで1ヶ月の投球禁止指示。
指示通り1週間投げずにいたため、肘の曲げ伸ばしでは痛み軽減したが、まだキャッチボールでは痛い。
しかし、1週間後から大会が始まるで何とかしたいとのご相談。




来院時

右肘関連部位をチェック。

円回内筋のみで右肘内側部の痛み誘発。


その他全身チェック



神経系の乱れ、関連関節、筋肉を調整


調整後、円回内筋に力を入れても肘の痛みナシ!


キネシオテープにて補助


翌日にでも、軽いキャッチボールで状態をチェックして経過を報告するように指示




4日後の本日、2回目の来院

母:「前回後から全く痛みがないそうです」との報告

翌日キャッチボールでも痛みが無く、ちょうど練習試合があり、ショートのポジションで出場。

遠投で思いっきり投げても大丈夫だったとの事。


昨日までとはまるで違って、バンバン投げるので、監督や他の親御さん方がビックリしていたとか。



円回内筋、その他筋肉も全く痛みなし。


継続調整



明日にでも、本格的に投球練習をしてもらい、今度の週末に投げるかどうかの判断をしてもらいましょう。

恐らく大丈夫かな?

ピッチング後の週明けにでも再来院してもらいましょうか。

無理だけはしないで下さいね。




沖縄県内唯一!
アクティベータ国際上級認定カイロプラクター
富村政昭B.C.Sc,B,App,Sc
富村・カイロプラクティック・オフィス
浦添市内間3-16-14
050-3564-1858

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック