鉛 水道管 交換進まず

画像

健康被害の可能性があり国が交換を促している上水道用の鉛製給水管(鉛管)使用世帯が、香川の37・56%を最高に20府県で10%を超え、撤去が進んでいないことが4日、統計の分析から分かった。厚生労働省は水道事業の現状や見通しを示した2004年の「水道ビジョン」以降、鉛管を「できるだけ早期にゼロにする」との目標を掲げているが、達成にほど遠い現状が浮き彫りになった。
 鉛が水道水に溶け出すと人体に悪影響を及ぼす可能性がある。鉛管はかつて広く使用されていたが、国は1989年、新設せず、既設管を塩化ビニールなど別の材質に交換していくよう各事業者に通知している。

(共同通信)


沖縄県は全国3番目に低い0.16%だった。



沖縄県内唯一!
アクティベータ国際上級認定カイロプラクター
富村政昭B.C.Sc,B,App,Sc
富村・カイロプラクティック・オフィス
浦添市内間3-16-14
050-3564-1858

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 米ミシガン州の汚染水問題 水道管の交換求め提訴

    Excerpt: AFP=時事】米中西部ミシガン(Michigan)州フリント(Flint)で、水道水の鉛汚染により住民が健康被害を訴えている問題で、住民側が27日、汚染の原因となった腐食した鉛製の水道管を直ちに交換す.. Weblog: 沖縄のカイロプラクター臨床日記 racked: 2016-01-29 13:13