グルグル目眩、吐き気(嘔吐)  60代女性

1月の終わりに初来院された方。
2週間前の起床時から、グルグル回転性の目眩と吐き気(嘔吐)が続いているとの訴え。
以前から同様の目眩があったが暫くすると治まっていた。しかし今回はなかなか治まらず。
掛り付けの内科で相談。「耳からだよ」 と言われ、とりあえず点滴。耳鼻科受診を勧められた。
後日耳鼻科を受診したが、たまたまいつもの目眩が無く、検査でも異常なし。
「症状が酷い時に来院して」と言われただけ。しかし心配なので目眩の薬だけは出してもらい帰宅。
すると、帰宅後から再び激しい目眩が出現。
ご家族が調べ、富村カイロへ来院。



来院時

三半規管をチェック

右の外側・後半規管の刺激で症状誘発






治療ベッドにうつ伏せになってもらうと、直ぐに動きが止まる

「吐きそう」

ご家族が急いで袋を準備。そのまま嘔吐。



落ち着いたところで調整開始


神経系の乱れ、関連関節筋肉を調整


途中姿勢を変える動作で2回目の嘔吐。


眼振がハッキリ診てとれる

今、目眩止まった?

「はい、止まりました」

実に興味深い。



調整後

右の外側・後半規管を刺激しても大きな揺れなし




翌日に2回目の来院

昨日の帰宅後は、吐き気なし、グルグル大きな目眩なし。

しかし、「まだふらついている感じ」との報告


調整中の動作でも吐き気なし。寝返りもだいぶ楽に行えている。


調整後

「だいぶ良くなりました」と喜ばれた。



しかし、まだまだ心配。

この方はもう何年も、血圧や狭心症、不整脈等の薬を9種類ほど服用しているとの事。

これらも気になる要素である。




それから連絡なく、1週間後と、1か月後の本日にお電話で様子を確認

以後、酷いめまいは無し。少しふらつく感じはあるが、目眩の薬は飲んでいない。

それから、まだ不安感があるとの事。

運転できない為、ご家族と調整して再度来院したいと希望されていらっしゃいます。


今後もサポートさせて頂く予定





沖縄県内唯一!
アクティベータ国際上級認定カイロプラクター
富村政昭B.C.Sc,B,App,Sc
富村・カイロプラクティック・オフィス
浦添市内間3-16-14
050-3564-1858

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック