腰痛.下肢の痺れ(椎間板ヘルニア診断で手術勧められている)  男性 金武町

2週間前に初来院された方。
昨年秋ごろから腰痛と右下肢に痺れ出現。
今年に入り、総合病院の整形外科を受診し
『椎間板ヘルニア』 診断。
痛み止めと湿布。
他院でのリハビリを紹介されたが状況は悪化。
次はブロック注射をして、5月頃には手術を勧められている。
たまたま病院の待合室で見かけた知人に富村カイロを紹介され来院。



来院時

2日前に1回目のブロック注射を受けたとの事。

あまり効いていない。

現在は歩行時にも痛みがあり、暫く休んでまた少し歩いているとの事。

腰部前屈は痛み痺れなし。

腰部右側屈、伸展制限。



神経系の乱れ、関連関節、筋肉を調整




2日後に2回目来院

初回と比べ格段に痛み、痺れとも軽減している。

午後からは2回目のブロック注射予定。



この状態ならブロック注射も必要ないと思うが。。。




3日後に3回目来院

前回後の整形外科での様子を伺うと、とりあえず2回目のブロック注射はした。
しかし、一旦手術は延期する様な流れになったとの事。
10日後に最終判断する予定。

「紹介された他院でのリハビリは行きたくない」
「別でリハビリしている」と主治医に話しました。
(富村カイロの事)




さらに4日後、4回目来院

病院から、今日のリハビリ後に病院に来るように電話があったとの事。(主治医はカイロプラクティックで治療していることを知らず、どこかの病院でリハビリを受けていると思っている。)


継続調整

「だいぶ良くなっている」「歩行距離がだいぶ伸びている」





それから1週間後の昨日、5回目来院時

前回後病院へ。

主治医にいくつか問診を受け、手術は中止と決定。

1か月後の状況次第では通院もしなくてよいとの事。




おめでとうございます。

2週間前、知人に会わなかったら無駄な手術をされていたことでしょう。

ラッキーでしたね。



今後も継続サポートさせて頂く予定




沖縄県内唯一!
アクティベータ国際上級認定カイロプラクター
富村政昭B.C.Sc,B,App,Sc
富村・カイロプラクティック・オフィス
浦添市内間3-16-14
050-3564-1858

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック