腰の新手術でミス、女性死亡

腰の新手術でミス、女性死亡…大腸傷つけられる
読売新聞5月17日(火)6時0分
 千葉県船橋市の船橋整形外科病院で今年1月、腰部の手術を受けた県内の50歳代の女性が誤って大腸を傷つけられ、3日後に敗血症で死亡していたことが、16日わかった。
 脇腹に小さな穴を開けて医療器具を入れる新しい手術方法で、同病院では昨年10月に導入されたばかりだった。同病院は取材に対し、「死亡したのは手術中のミスが原因だった」と認めている。
 同病院によると、女性は腰の神経が背骨に圧迫され、足がしびれるなどする「腰部脊柱管狭窄きょうさく症」を患っており、同病院で1月14日に手術を受けた。この際、担当した男性医師が誤って医療器具で大腸の一部に穴を開けたとみられる。女性は同月16日、意識が低下したため別の病院に搬送されたが、翌17日に死亡した。

=============================

はたして、本当に手術が必要なケースだったのかどうか・・・。
手術する前に、他に出来ることはなかったのでしょうか・・・。

お悔やみ申し上げます。



「腰痛の85%が原因不明」という事実 !

悲しき整形外科医

ムダ医療仕分けが患者を救う (続)
臨床試験の結果を無視
スミスのチームは、腰痛患者を対象としたX線やMRI(磁気共鳴映像法)検査も問題視している。腰痛には無関係な異常を見つけるだけに終わることが多いためだ。
40歳以上の8割には、腰の部分に膨らみなどの変形が見られる。 医師は手術したくなるが、これは痛みの原因ではない。こうした「異常」がCTやMRIに現れても、腰痛と結びつけるにはほとんど意味がない。
 大半の腰痛は筋肉の緊張などによるものだから、画像では原因は分からない。たとえ手術をしても、その効果は市販薬や運動や体を休めることとはほとんど変わらず、手術だけは大きな危険を伴う。





沖縄県内唯一!
アクティベータ国際上級認定カイロプラクター
富村政昭B.C.Sc,B,App,Sc
富村・カイロプラクティック・オフィス
浦添市内間3-16-14
050-3564-1858

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック