24歳のサッカー選手が脳死…椎間板ヘルニアの手術後に

24歳のサッカー選手が脳死の宣告を受けたと『Diez』が伝えている。

それによれば、ボリビア1部リーグのオリエンテ・ペトロレーロに所属するDFパウル・ブルトンが脳死と判定されたという。

この宣告は主治医から家族に伝えられたそうで、彼の弁護士も「この悪い知らせを伝えるのは残念だが、パウルは脳死となった」と述べたとされている。

ブルトンは先月22日に椎間板ヘルニアの手術を受けた後に容態が悪化したという。関係者は「脳死だと宣告された時、多くの人が泣き始めた。選手の母親は体調を崩してしまった」と語っているそうで、家族はショックを受けているという。

彼の手術を担当した医師には多くの抗議が寄せられているようだ。

========================




沖縄県内唯一!
アクティベータ国際上級認定カイロプラクター
富村政昭B.C.Sc,B,App,Sc
富村・カイロプラクティック・オフィス
浦添市内間3-16-14

050-3564-1858

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック