幼少時から続く消化不良、疲労感  30代米国人女性

今年の5月から通院されている方。
食事すると吐き気や胸焼け等で調子が悪くなるとの訴え。
そのため、ほとんどの食品が食べられず、少量のライスと数種の野菜のみを食べている。
塩やその他の調味料にも反応するため、現在は少量のココナッツの粉末だけで味付。
NAET(アレルギー除去法)の治療を希望され、富村カイロヘ来院されました。




病院では 『鉄』 と 『ビタミンD』 が足りていないとの診断で、数種のサプリメント乳酸菌を処方されている。



当院ではまず、アクティベータ療法にて神経系の乱れ、関連関節、筋肉の調整。

併せてNAET(アレルギー除去法)。



5月には計5回来院


鼻から左耳にかけての違和感や左頸部の筋(胸鎖乳突筋)にあった硬結が改善。




6月に計9回の来院


トータル8回目来院時「 チキン や タマゴ を少量口にしてみたが特に症状出なかった。」との報告


12回目来院時「 スイートポテト、塩 は食べても良い感じ。」「タマゴ はやっぱり胃がねじられる感じがした。」との報告。


6月最後、14回目来院時には「この数週間頭痛なし。「よく眠れている。」との報告



7月に計3回の来院。

8月は諸事情で来院なし。

9月に入り計3回来院。


10月は本日で計3回。

トータル23回目の来院。



最近は、ポテトやラギ、ピーマン、セロリ、チキンやビーフ、フィッシュ等々、結構食べていらっしゃる。

逆にライスがあまり食べられないとか・・・。


まだまだ量的に多くは食べられないものの、当初と比べ、かなり食べられる食品が増えています。


今後も継続通院予定





富村・カイロプラクティック・オフィス
アクティベータ療法/アレルギー除去法
富村政昭B.C.Sc,B,App,Sc

沖縄県沖縄市海邦
沖縄県名護市東江
050-3564-1858

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック