インフル予防接種の効果、昨シーズンは20%

インフル予防接種の効果、昨シーズンは20% 今年も同程度に
【11月7日 AFP】2016~17年のインフルエンザ流行時に予防接種の効果があったのはわずか5人に1人に過ぎず、今年も同様の効果しか上がらないだろうとする論文が6日、発表された。論文を執筆した研究者らは、ワクチンの新たな製造方法を開発すべきだと述べている。

 米科学アカデミー紀要(PNAS)で発表された論文によると、2016~17年にはH3N2型(A香港型)の変異型インフルエンザが流行したが、鶏卵を利用して大量生産されたインフルエンザワクチンはこの変異型に対応しておらず、予防接種の効果があった割合はわずか20~30%にとどまった。

 インフルエンザのワクチンとは、不活化させたインフルエンザ病原体の表面にあるタンパクを浄化したもの。これを接種することで免疫システムの準備を整え、新たな病原体が侵入した際に対抗できるようにする。

 論文の筆頭著者であるペンシルバニア大学(University of Pennsylvania)の微生物学准教授、スコット・ヘンズリー(Scott Hensley)氏は、「現在のH3N2型の病原体は鶏卵ではうまく育たないし、病原体が鶏卵の中で適応変異しないまま育てることは不可能だ」としている。

 また病原体が変異するとワクチンがそれに応じて変化しなければ効果が失われるとも説明。

 「現在人々に接種されている2017年のワクチンは2016年と同じH3N2型(A香港型)で、もし今シーズンもH3N2型が流行すれば、また(予防が)困難な年になるだろう」としている。

 ヘンズリー氏は同研究により、鶏卵を利用しない新しいワクチンの製造方法の開発の必要性が示されたと述べている。
(c)AFP
====================================================


所詮その程度なんです。

インフルワクチンを過大評価=母親の9割、正しく理解せず

新型インフルエンザ、知らずに感染完治?
フランスでは、新型インフルエンザに関する興味深い調査結果が発表された。
その調査によると、フランスでは医師が診察した5倍以上の人が新型インフルエンザに感染していたというもので、その数171万人にものぼるという。
新型インフルエンザに感染した自覚がない人が多いのは、インフルエンザ特有の症状と考えられる39度以上の発熱や咳、全身の筋肉痛のような痛みを伴わず鼻水程度でおさまってしまったからではないかと考えられている。





富村・カイロプラクティック・オフィス
アクティベータ療法/アレルギー除去法
富村政昭B.C.Sc,B,App,Sc

沖縄県沖縄市海邦
沖縄県名護市東江
050-3564-1858

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • インフルの治療薬70%余から耐性ウイルス  

    Excerpt: インフルの治療薬「ゾフルーザ」患者の70%余から耐性ウイルス インフルエンザの新しい治療薬「ゾフルーザ」を投与されたA香港型のインフルエンザ患者30人を調べたところ、70%余りに当たる22人から、こ.. Weblog: 沖縄のカイロプラクター臨床日記 racked: 2019-03-31 12:55