激痛で動けない程の腰痛しびれ膝痛   空手家

3週間前、知人に紹介され富村カイロへ駈け込んできた空手家。
痛みを堪え、腰を屈め左足を着くことが出来ずケンケン状態で倒れこむように院内へ入っていらっしゃった。
この状態で、明日アメリカへ出発予定。
大きなイベントで演舞もする予定との事。。。



さて、何とかアメリカへ行かせてあげたいところであるが。。。

まずは色々と検査をしたいのですが、どの体勢でも痛みがあり、仰向けうつ伏せも出来ない程の激痛。

まともに検査出来ない状態である。


そんな中、「うーーーーっ、、、」と、唸りながらも、どこがどう痛むのか、時間をかけて質問しながらチェック。

「膝まで痛みます」。「ビキーンっと膝まできます」

どうも腰も痛いが、『膝まで痛い』 と、しきりに訴えている。


腰や殿部にも痛みがあり、筋肉を押圧すると「うぉーーー!!!」っと、唸るほどに激痛が走る。

同様に膝にも激痛ポイントがある。


整形額検査では内側半月板や靭帯の損傷も疑われるが、何せどの動きでも激痛であるため、検査で誘発された痛みかどうか確定はできない。


何とか少し筋肉を緩め痛みの軽減を図ってみるが、少し軽くはなるが、うつ伏せ等全くできず。


これでは調整も開始出来ないため、一度病院で注射でもなんでもよいから先ずこの痛みを止めてもらうようにアドバイス。

当然ながらアメリカ行きは断念してもらうしかありません。






それから3週間後の本日、再来院。

その後の経過を報告して戴きました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
★前回後、直接救急で病院へ。

★歩くことも出来ず、車いすで運ばれ入院。

★MIR検査ではジッとしていることが出来ず検査不可。

★X線は何とか撮影し、骨や椎間板ヘルニア等の疑いはないとの結果。

★痛み止め、座薬も全く効かず、睡眠もとれない状態で3日間。

★ついにはモルヒネ?程の強い痛み止めを処方され、やっと眠れるようになった。

★その後少しずつ動けるようになり、結局、病院でも原因不明のまま1週間で退院。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

いや~~大変でしたね。



改めて、現在の状態をチェック


腰の回旋や伸展時に少し痛みあり。

やはり膝の内側後方に激痛ポイントあり。

当初、なぜあれほどの激痛があったのか、この膝の痛みががどこまで影響していたのか定かではないが、現時点では膝の異常が疑わしい。


アクティベータにて神経系の乱れ、関連関節、筋肉を調整。


調整後はだいぶ歩きやすくなったとの事。

今後も継続サポートを希望されていらっしゃいます。

大丈夫!





富村・カイロプラクティック・オフィス
アクティベータ療法/アレルギー除去法
富村政昭B.C.Sc,B,App,Sc
沖縄県沖縄市比屋根6-3-23-1F
050-3564-1858

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック