乳がんの増大や転移に自律神経が深く関与

乳がんの増大や転移に自律神経が深く関与 岡山大などのチーム研究
乳がんの増大や転移に、生命維持に重要な呼吸器や循環器などの活動をコントロールする自律神経が深く関与しているとする研究結果を、岡山大や国立がん研究センターなどのチームが英科学誌「ネイチャー・ニューロサイエンス」(電子版)で発表した。抗がん剤など一般的な治療が効かないがんに対し、遺伝子治療などで自律神経を操作して、がんを抑制する新しい治療法の開発が期待される。
 自律神経は、脳からの指令を内臓や血管などに伝える末梢(まっしょう)神経の一種。活動的になる交感神経と、リラックスさせる副交感神経からなる。慢性的なストレスががんを進展させる可能性は示唆されていたが、がん組織に自律神経が入り込み、どう影響しているかはあまり分かっていなかった。

 チームは、乳がん患者29人のがんの組織を顕微鏡で調べたところ、がん組織に交感神経が入り込んでいることを発見した。また、がん組織内の交感神経の密度が高い患者は、低い患者と比べて手術後に再発せず生存する割合が低かった。

 さらに、がん組織に入り込んだ交感神経の遺伝子を操作し、この神経を刺激すると、乳がんが時間とともに大きくなり、遠隔転移も増えた。一方、遺伝子操作で入り込んだ交感神経を除去したところ、乳がんと転移がんを抑制できた。

 チームの神谷厚範(あつのり)・岡山大教授(細胞生理学)は「乳がん以外のがんにも自律神経が入り込んでいる可能性がある。どのような自律神経のあり方ががんを抑制するのかを調べ、慎重に治療法を開発したい」と話した。
【御園生枝里】
=============================




富村カイロプラクティックオフィス
富村政昭B,C,Sc.B,App,Sc
沖縄市比屋根6-3-23-1F
050-3564-1858

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント