ワクチン接種と死亡の因果関係不明、、、。誰のため、何のためのワクチン接種なんでしょうか。

これまで新型コロナ感染で残念ながらお亡くなりになったと報告されている方々のほとんどが60代以上、一番多いのが80代。
という事は、死亡と新型コロナ感染とは因果関係不明ではないの?
少なくとも、若者が副作用覚悟で接種する必要あるとは思えませんが!


救急搬送後に亡くなり、死亡後にPCR検査で判明

ダブルスタンダードでは困るんです。

死亡者性・年齢階級構造(2021/4/26時点)
210426_pyramid.png

【ワクチン接種で死亡したら4420万円支払い 厚労相】
約束を守る気など全く感じられませんね。

高齢者8人 ワクチン接種後死亡 “因果関係評価できず” 厚労省
厚生労働省は、新型コロナウイルスのワクチンの接種を受けた高齢者のうち、男女8人が新たに死亡したと発表しました。いずれも接種との因果関係は評価できないとしています。
これは、厚生労働省が30日開いた専門家部会で報告しました。
それによりますと、死亡したのは77歳から101歳までの男女8人で、今月19日から23日までにファイザーのワクチンの接種を受けました。
それぞれ接種の5日後までに、脳出血や肺血栓塞栓症などを起こしたということです。
厚生労働省は、接種との因果関係について「死因に関する情報が不足していることなどから評価できない」としています。


持病ない46歳男性、ワクチン接種翌日に大動脈解離で死亡
 厚生労働省は30日、新型コロナウイルスのワクチン接種後、新たに40~100歳代の男女9人が死亡したと公表した。接種後の死亡は計19人となった。厚労省の有識者検討会は、接種との因果関係は「評価できない」とし、現時点でワクチンの接種への重大な懸念はないとしている。
 27日までに、新たに死亡が報告された9人のうち、46歳男性に持病はなかったが、接種翌日に急性大動脈解離で亡くなった。90歳女性は接種後、急性アレルギー反応のアナフィラキシー疑いとして医療機関から報告があったが、2日後に肺血栓塞栓そくせん症で死亡した。
 国内では22日までに、米ファイザー製ワクチンで、251万7045回(うち一般高齢者5万1479回)の接種が行われ、国際基準に基づき、94件がアナフィラキシーと判断された。発生頻度は接種10万回あたり3・7件。死亡した90歳女性のケースが国際基準に該当するかは今後調べる。










インフルエンザワクチンも同様です。
都合が悪くなると、最後は【因果関係不明!】
無かったことにされてしまいます。
毎度の手口ですね。

【新型インフルワクチンの副反応】死亡例133件も、接種との関連認められず
厚生労働省医薬食品局は「医薬品・医療機器等安全性情報」273号に、昨シーズンの新型(A/H1N1)、季節性のインフルエンザワクチン接種による副反応の状況報告を掲載した。それによると、新型と季節性は副反応が類似し、いずれの死亡例とも、合併症の既往のある高齢者が多かった。新型では133件の死亡があったが、「専門家の評価によれば、大部分は、基礎疾患の悪化や再発による死亡の可能性が高いと考えられ、死亡とワクチン接種との明確な関連が認められた症例はない」としている。



富村カイロプラクティックオフィス
富村政昭B,C,Sc.B,App,Sc
沖縄市比屋根6-3-23-1F
050-3564-1858
県総合運動公園北口真向かい

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント