ぎっくり腰⇒整形受診「椎間板ヘルニア」⇒激痛数カ月 30代 浦添市

数ヶ月前にぎっくり腰になり、整形外科を受診
『椎間板ヘルニア』との診断。
痛みは激痛、改善する様子なし。
1か月以上、痛み止めを毎日3回服用しているが効いている感じなし。


来院時

酷い痛みで辛い表情
座っていても痛い
左の殿部と、大腿部は飛んで、ふくらはぎに痛みがあるとの事
寝返りも辛そう

カイロプラクティクにて神経系の乱れを調整

関連関節、筋群を細かく調整


調整後チェック

寝返りは問題なし

立位、歩行も格段にスムーズ

「だいぶ楽です」と笑顔が出てきた

座位も問題なさそう


痛み止めは止める様にアドバイス

冷やさないこと、しっかり温めてください。


来院時は車で送ってもらっていらっしゃいましたが、

「タクシーを拾って帰ります」と、スタスタ歩いて帰られました。


ぎっくり腰の時点で当院へいらっしゃっていれば、数カ月も激痛に耐える必要はなかったでしょうね。



書籍紹介 腰痛ガイドブック 根拠に基づく治療戦略

ムダ医療仕分けが患者を救う Newsweek記事



沖縄県宜野湾市真志喜
富村カイロプラクティックオフィス
富村政昭

"ぎっくり腰⇒整形受診「椎間板ヘルニア」⇒激痛数カ月 30代 浦添市" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント