三宅裕司さん、ヘルニア手術でしびれ

三宅裕司さん年内休養、ヘルニア手術でしびれ
タレントの三宅裕司さん(60)が年内いっぱいの活動を休止することが分かった。所属事務所が公式ホームページ上で発表した。

 三宅さんは7月末に腰部のヘルニアの手術を受けた。手術は成功したものの、足のしびれが残っており、年内はリハビリに専念するという。

 年内のメディア出演のほか、座長を務める劇団「スーパー・エキセントリック・シアター」の11月の本公演、12月に予定していたライブも中止する。

=====================================================

そもそも、なぜ手術をしたのでしょう?

『痛かったから』 『痺れがあって辛かったから』 でしょう?

仕事ができないほどの痺れが残っても
 『手術は成功した』・・・。


痛みが残ろうが、痺れが残ろうが、ヘルニアは取り除いたんだから手術は成功している!

これが科学的、根拠を基にした医療ですか・・・。


悲しき整形外科医


沖縄県唯一
アクティベータ国際上級認定カイロプラクター
NAETプラクティショナー
富村・カイロプラクティック・オフィス
富村政昭

"三宅裕司さん、ヘルニア手術でしびれ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント