腰から下肢の痛み(脊柱管狭窄症)手術しかないと言われた 60代 名護市

先週初来院された方。
1年くらい前から右の殿部から指先にかけて痛いとの訴え。
近隣の整形外科から南部の総合病院に行くように紹介。
総合病院では「手術しかない」と言われたとの事。
手術は避けたいと、富村カイロへ来院された。



来院時

最近は歩く際に股関節が引っかかる感じで痛い。

階段を上る時には手すりにつかまらないと上がれない。


歩く姿を見ると、股関節の問題の様に思えるのですが・・・。



アクティベータにて神経系の乱れを調整

関連関節、筋肉を調整



調整後チェック

「あれっ、楽!」

「歩いても引っかからない」


どう考えても『脊柱管の狭窄』とは無関係なんじゃないでしょうか?

「よかったー」

手術しかない?


何を根拠に?



画像に異常がなかったら診断できない!
現代・痛み医療事情
画像に異常がなかったら診断できない。画像に異常がみつかればそれのせいだと誤診する。

ブログ『心療整形外科』より




本日2回目の来院

前回後はかなり楽になり、翌朝もすんなりおきる事が出来たとの事。

しかし、仕事が忙しい時期で、疲れも重なり徐々に痛みが出てきたそうだ。


継続調整


今回は酷い肩コリも併せて調整


調整後は初回同様歩行も痛みナシ。

「肩のコリもとっても楽です」

「助かります」



今後もサポートさせて頂く予定。




沖縄県内唯一!
米国アクティベータ国際上級認定カイロプラクター
NAETプラクティショナー
富村・カイロプラクティック・オフィス
富村・カイロプラクティック・オフィス(旧)
富村政昭
沖縄県宜野湾市真志喜2-24-14

"腰から下肢の痛み(脊柱管狭窄症)手術しかないと言われた 60代 名護市" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント