胸郭出口症候群、ストレートネック、坐骨神経痛、首腰に狭窄あり  60代女性 千葉県

先週に初来院された方。様々な症状をお持ちです。
胸郭出口症候群と診断され、治療中との事。
孫の世話のお手伝いのため来沖中。



来院時

まずは主だった症状から。

左胸から背部辺りが痛いとの事。
上肢の症状なし。

発症は数年前、様々な病院等を回ったが原因分からず。
やっと『胸郭出口症候群』と診断してくれ原因が分かった。
治療は週1回、約半年間の星状神経節ブロック注射で症状改善。
昨年孫が生まれ、育児の手伝いで再び酷くなってきたとの訴え。

坐骨神経痛は更に何年も前から。
左の殿部にいつも痺れの様な感じがあるとの事。
整形では「首や腰に狭窄と軽いヘルニアがあるが心配はない」と言われている。
坐骨神経痛の治療なし。





果たして、この方、胸郭出口症候群なのでしょうか?

上肢に全く症状ありませんし・・・

ライトテスト、コストクラビキュラーテストでも反応無い様な・・・。


坐骨神経痛ねー・・・。





左の腸腰筋、大腿筋膜張筋、大腿直筋、大胸筋の働きが悪い


神経系の乱れを調整



調整後

「とっても軽くなりました」

スッキリした表情




本日2回目来院

「腰は良くなってます」「左胸と背中はまだ少し残ってます」


継続調整


調整後

「やっぱり違う、楽」

娘さんに話されていました。



週末には千葉へ戻るそうな。

「また夏ころ来ます」

ブロック注射は原因を治すものではありませんから、早く止められるようにしましょうね。

お元気で。






沖縄県内唯一!
アクティベータ国際上級認定カイロプラクター
富村政昭B.C.Sc,B,App,Sc
富村・カイロプラクティック・オフィス
浦添市内間3-16-14
050-3564-1858

"胸郭出口症候群、ストレートネック、坐骨神経痛、首腰に狭窄あり  60代女性 千葉県" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント