飼い主の薬でペットが中毒、死亡

画像

飼い主の塗り薬で猫が中毒・死亡する例も―アメリカ食品医薬品局が警鐘
日本でも使用されている薬の成分が原因で、猫が死亡するケースが発生した。このことを踏まえ、アメリカ食品医薬品局(FDA)では、4月17日にペットの飼い主や獣医などに向けて安全情報を発信している。

原因は飼い主の非ステロイド性消炎鎮痛剤(NSAID)
猫が中毒を起こしたのは、非ステロイド性消炎鎮痛剤として、関節や筋肉などの痛みの緩和に使われるフルルビプロフェン。飼い主はクリーム状もしくはローション状の薬液を、首や足に使用していたという。


日本でもアドフィード、ステイバン、ゼポラスなどの名前で、フルルビプロフェンを含む貼付薬が発売されている。

中毒を起こした猫の症状とは
今回中毒症状が確認されたのは2つの家庭で飼われている5匹の猫。2匹は腎臓障害をおこしたものの治療によって回復し、3匹が死亡した。

猫に現れた症状は、食欲不振、無気力、嘔吐、下血(黒、タール状、血液交じり)、貧血、希釈尿だという。

たとえ少量でも猫が中毒を起こす可能性あり
今回の死亡例で、猫がどうやって飼い主の薬を舐めてしまったのかははっきりしていない。


ただし、飼い主の塗り薬を猫が直接舐めなくても、猫が中毒を起こした可能性はある。飼い主の薬がソファーや寝具につき、それが猫の毛について毛づくろいの際に舐めてしまうからだ。

死んだ3匹の猫のうち1匹は、飼い主が薬の使用を止めた後に死亡しているので、家具などに薬が付着していた可能性がある。たとえ少量でも、猫が中毒を起こしかねないので注意が必要だ。


もし該当する薬を使用していたら……
FDAが提案している対処方法は以下の通り。

・ペットの手の届かないところに薬をしまう
・薬が付着していると考えられる服やカーペット、家具を洗うもしくは捨てる
・薬を処方した医師もしくは薬剤師に確認のうえ、可能であれば薬を使用している部分を覆う
・ペットの体を洗い、念のために獣医にみせる
・食欲不振、無気力、嘔吐などの症状が出ており、獣医にみせる際には薬のことを伝える
・今回確認されているのは猫の中毒症状のみだが、念のため犬など他の動物も注意すること

今回確認されている猫の中毒例では、いずれもクリームやローション状の薬を飼い主が使用していた。貼付薬については確認されていない。

=============================
知らないと怖い!! 解熱鎮痛薬(NSAIDs)不耐症 過敏症

◆NSAIDsとは
非ステロイド系消炎鎮痛薬(Non-Steroidal Anti-Inflammatory Drugs)の略語で、エヌセイズと呼ばれる。
出典
NSAIDs(エヌセイズ) - goo ヘルスケア
抗炎症作用、鎮痛作用、解熱作用を有する薬剤の総称で、広義にはステロイドではない抗炎症薬すべてを含みます。
出典
NSAIDs解熱鎮痛薬不耐症・過敏症/NSAIDsを理解するために:NSAIDsとは


◆病院で処方される主なNSAIDs
•アスピリン(バファリン®など)
•ロキソプロフェン(ロキソニン®など)
•ジクロフェナク(ボルタレン®など)
•インドメタシン(インダシン®など)
•メフェナム酸(ポンタール®など)
•スルピリン(メチロン®など)
•アセトアミノフェン(アンヒバ®、カロナール®など)
•その他


◆市販薬の主なNSAIDs
•アスピリン(バファリンA®など)
•イブプロフェン(イブ®など)、
•エテンザミド(ノーシン®,新セデス®など)
•イソプロピルアンチピリン(セデス・ハイ®など)
•アセトアミノフェン(タイレノール®、小児用バファリン®など多くの市販薬)
•その他


◆症状は喘息と蕁麻疹および血管浮腫など
原因となるNSAIDs使用後、数分から数時間を経て、頚部、顔面、四肢などに蕁麻疹が出現する。血管浮腫は、口唇と眼瞼に生じやすく、蕁麻疹よりも通常遅れて出現し、数日持続する。
出典
http://www.mhlw.go.jp/shingi/2007/12/dl/s1213-4k.pdf
広範囲な皮疹、ならびに気道症状や消化器症状は、重篤な症状の始まりであることが多く、早急な処置が必要である。
出典
http://www.mhlw.go.jp/shingi/2007/12/dl/s1213-4k.pdf
原因となるNSAIDsは内服薬や坐剤が多いが、全ての剤型(注射剤、貼付剤、塗布剤)で起こりうる。
出典
http://www.mhlw.go.jp/shingi/2007/12/dl/s1213-4k.pdf


◆NSAIDs不耐症患者(皮疹、喘息型)における各種NSAIDs類似薬の危険度
● 危険
COXⅠ阻害作用の強いNSAIDs全般(内服薬、坐剤、注射剤が主体、ただし貼付剤も要注意)
出典
http://www.mhlw.go.jp/shingi/2007/12/dl/s1213-4k.pdf

===============================
ペット(生き物)に害があるという事は、人間にも害があるという事です。
安易に薬を使う事は止めた方が良いでしょう。


ぎっくり腰がなかなか良くならない原因は・・・?  男性 浦添市



沖縄県内唯一!
アクティベータ国際上級認定カイロプラクター
富村政昭B.C.Sc,B,App,Sc
富村・カイロプラクティック・オフィス
浦添市内間3-16-14
050-3564-1858

"飼い主の薬でペットが中毒、死亡" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント