凝りが酷くて首が回らない⇒パーキンソン症候群を疑います  60代男性

ある離島の患者さん。
奥さんの紹介で来院。
首肩がガチガチに凝っていて、首が回らないとの訴え。
車の運転中の左右確認もままならず、最近はあまり運転していない様。
その他にも膝の曲げ伸ばしも硬い。




初めてお会いして直ぐに、手指の特異的な動きが目に付く。


ひとまず、神経系の乱れ、関連関節、筋肉を調整。


調整後は筋肉の緊張も少しほぐれた様子。



その後、奥さんに質問


旦那さんの手指の動き(震え)なんですけど、あれは恐らくピルローリング(丸薬を丸めるような震え)と言って、パーキンソンの可能性が考えられますが。。。

「そうそう、あんな感じでいつも震えています。」

「数か月前くらいからじゃないかな?」

島外の病院では筋肉の凝りを改善するために、血流を改善する薬を処方され服用しているとの事。


その他にも、何か薬を飲んでます?

「精神安定剤をいくつか飲んでます。」

それが怪しい!

薬の副作用でも、パーキンソン様の症状が出ることがあります。



10年位前から精神安定剤を服用しているとの事。

「最近は数が減って数種類だが、当初はもっと沢山飲んでましたよ。」


調べてみると、服用中の精神安定剤すべての副作用欄にやはり 【パーキンソン症候群】 の記載あり。

「えー、、、そうなんですか。」

次に病院へ行くときに、主治医にお話して今後の対応を相談してくださいね。


私個人的には、早く全て止めたほうが良いと思っていますが。

今後の状況を見ながら、少しずつですね。

継続サポート予定。







富村・カイロプラクティック・オフィス
アクティベータ療法/アレルギー除去法
富村政昭B.C.Sc,B,App,Sc
沖縄県沖縄市比屋根6-3-23-1F
050-3564-1858

"凝りが酷くて首が回らない⇒パーキンソン症候群を疑います  60代男性" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント