テーマ:NAET

卵アレルギー  4歳児

6月終わりに初来院の児童。 卵が少しでも入った食物を食べると、口の中や口周りに痒みと蕁麻疹が出るとのご相談。 9月に入ってすぐに、海外へ行かなければならないとの期限付きの依頼。 「せめて間違って食べても大丈夫な位になれたら・・・」とご家族の願いに、「出来る限りやってみましょう」と引き受けさせて頂きましたが・・・。 昨…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パニック障害  40代

4月の終わりに初来院された方。 何カ月も前からパニック症状が出てきたとの訴え。 1人での運転等が不安、眠れない、食事も取れない等々。 病院で処方された薬は止めた。 現在は漢方を服用。 まずは神経系の乱れを調整 基本項目の調整開始 当院の都合により、3週間後に2回目の来院 基本項目+…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

酷い下痢(過敏性腸症候群)  学生 那覇市

1か月前から、他のカイロ院からのご紹介で富村カイロへ通院されている方。 5月頃から下痢が続き、新学期のストレスか?と軽く考えていたが、なかなか良くならず。 病院での検査では『過敏性腸症候群』との診断。 処方された薬を服用するも症状はどんどん悪化し、通学にも支障をきたしているとの事。 カイロプラクティックにて神経系…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

めまい(ふらつき)、平衡感覚の異常 50代 南風原町

3週間前に初来院された方。 発症は10年前。 耳鼻科や脳神経科等、あちこちの病院を回ったが原因解らず「異常なし」。 お仕事(農業)も出来ない。 車の運転も怖くて出来ない。 アクティベータにて神経系の乱れを調整 平衡感覚の異常あり。 これらを刺激し調整後は来院時と比べ若干良い感じとの事。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

猫アレルギー 小学生 那覇市

数年前に、猫を飼っている親類の家で痒くなり、初めて猫アレルギーと気付いた。 専門医での血液検査「猫」と「甲殻類」の数値が高かったとの事。 困ったことに猫が大好きであるとの事。 犬等、他の動物は問題なし。 しかたなく、犬で我慢?しているとか・・・。 神経ー筋肉を調整 NAET開始 様々な物質に反応あり。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

急性チョコレートアレルギー(続き) 30代女性

3月14日に少しご紹介した方。 ホワイトデーのお返しのチョコを1粒だけ食べた30分くらい後から急に胃が痛くなりだしたとの事。 その後10分くらい後に下肢のブツブツに気付いた。 来院時には胃痛なし。 下肢に蕁麻疹のみ。 アクティベータにて神経系の乱れを調整 NAETでは、まず「チョコレート」の調整 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

急性チョコレートアレルギー 30代女性

本日最後は3年振りにお電話頂いた女性。 今日は3月14日のホワイトデー。 「先生、チョコレート1粒食べたらアレルギーでました」 「呼吸は問題ないようなので、病院よりは富村カイロが良いかと思って・・・」 食べたチョコを持参するように指示。 wikipedia 『2月14日のバレンタインデーの日の直後にチョコレートアレルギー…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

脚が痛みと重だるさでじっとしていられない(むずむず脚症候群?)  妊娠6カ月

昨日から両下肢が痛くてじっとしていられないとの訴え。 昨日、仕事帰宅後の夕方から両側大腿前面に違和感を感じ始めたとの事。 徐々に悪化し、じっとしていられないため寝付けず。 ネット検索すると『むずむず脚症候群』の症状と似ていると思ったとの事。 そこで富村カイロへ来院された。 むずむず脚症候群 原因は不明 妊娠中や…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蕁麻疹(経過) 女性 名護市

唇がタラコの様に腫れあがったとの訴えで昨年5月から通院されている方。 膝裏にも痒みと発疹。 専門医にてザイザル錠処方。 薬を飲めば治まるが、それでも月に1回は出てくる。多い月には2~3回。 アクティベータにて神経系の乱れを調整 NAET開始 2週に1回ぺーすでの通院 唇は、9月に一度、食…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

繰り返す膀胱炎(原因不明) 女性 那覇市

今年の8月から通院されている方。 息子さんの通院ついでに、ご家族で治療を受ける事に。 主訴は肩こり。 「膀胱炎を2週に1度ペースで繰り返していると」のご相談であった。 その度に薬を処方される。 泌尿器の専門医も 「何でかね?」 と不思議がっているとの事である。 アクティベータにて神経系の乱れを調整 NAET…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

知覚過敏がなくなった気がします 20代女性 沖縄市

数年来体調管理で通院されている方。 もちろんNAET治療もコツコツと継続中 数ヶ月前から、沢山ある歯周病菌の調整を進めてきた。 本日、歯周病菌11個目の調整 「あの~、歯周病菌の調整で知覚過敏がよくなります?」 十分可能性はあると思いますが? 「これ(歯周病菌)始める前までは歯に沁みていたのに、最近沁…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

アトピー・食物アレルギーetc 児童

半年前、ご両親揃ってご相談にいらっしゃった。 数ヶ月前の検査ではIgEの数値が2000を超えているとの事であった。 それから通院開始。 NAETのみ 2月までに10回来院され、コツコツ基本項目の調整を継続。 先月の検査ではIgE値が下がってきたとの報告。 まだまだ高い数値ですが、励みになる結果です。 …
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

原因不明のアレルギー症状(経過 2) 50代 那覇市

原因不明のアレルギー症状を訴え、今年の1月から通院されている方。 通院1ヶ月経過した2月には5回来院時までの経過をご報告させて頂いた。 その後も2~3週間に1回のペースで通院され、本日で計10回目の来院。 着実に改善してきている様子。 食べても痒みが出なくなった食品が増えてきた。 ・海老フライ1本食べてみたが大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コンタクトレンズアレルギーの改善 20代女性 北谷町

昨年9月から、コンタクトアレルギーの改善を目指し、通院されている方。 10月に通院5回目の経過を報告させて頂きましたが、それ以後も週1回のペースで通院され、昨日に28回目の来院 これまで基本項目の調整を1項目ずつ、コツコツ勧めてきた。 2月の21回目にはやっと、コンタクトレンズの調整 装着すると直ぐに、「ゴロゴロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都・老舗菓子の甘い香りで頭痛…訴え一部認め賠償命令

MSNニュース 明治4年に創業した京都市の製菓会社「石田老舗(ろうほ)」の工場周辺に住む住民17人らが、焼き菓子の甘い香りなどで苦痛を受けたとして、同社と京都市に慰謝料など計約2100万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が15日、京都地裁であった。  杉江佳治裁判長は「原告側は、約3年4カ月にかけて不快感を抱えた生活を余儀なくされた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

うれしい便り、頂きました

先日、暑中見舞いが届いていました。 化学物質過敏症(CS)の改善を目指し、当院へ通院されていた方。 今年初めに東京へ引っ越され、以後NAET中断中。 しかし、大都会東京での生活も、以前の様に体調を崩すことが無くなったとの事。 目指していた資格も取得。 しか~も、引っ越してまだ1年も経たないのに「結婚も決まりまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

卵アレルギー 0歳児 名護市

1週間前、ご紹介で初来院 卵を食べると発疹がでる 病院での検査では、『ペットの毛』も出てましたとの事 初回は『自律神経』の調整 そして1週間後の本日2回目 問題の『タマゴ』は一まず後回し 今回は『カルシウム』の除去 遠く名護からの通院であるが、週1回のペースで継続サポートしていく…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

富村カイロお知らせ(NAETセミナーから帰ってきました)

今回のNAETセミナー 日本全国、北は岩手・新潟から南は山口・沖縄(私)まで そして今回は遥か遠くアメリカで臨床されていらっしゃる先生(ドクター・オブ・カイロプラクティック)も出席されてました。 初めてお会いする先生でしたが、「沖縄在住の患者さんに先生を紹介しましたのでよろしくお願いします」と」ご丁寧に挨拶まで頂きました。(一生懸…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

帰国前にNAET 40代米国人女性

2年前にご紹介で初来院 継続通院されていたがお仕事が多忙のため、昨年はなかなか来院出来ず 昨年5月以来1年ぶりの来院 8月に帰国予定との事 「帰国前にNAETを受けておきたい」と時間を割いて来院されている カイロプラクティックにて神経系の乱れを調整 NAETにて基本項目及び感情ストレスの除去・解放…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

痒み・肌荒れ、アトピー性皮膚炎 小学生 宜野湾市

生後すぐに発症 特に手足が酷い状態 専門医を受診し、抗生物質と、他に痒み止め、漢方薬も処方されこれまでずっと飲み続けている それで? アトピーは改善したのか? これまでの結果は 根本の改善にはなっていない 現在も酷い状態である こんな医療をオカシイと思わないほうがオカシイと思うが、いかがか? 同…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金属アレルギー/酷い手荒れ(経過) 30代女性 与那原町

4月9日にご紹介した患者さん 本日で5回目の来院である これまで、カイロプラクティックにて神経系の乱れを調整 NAETにてアレルギー物質及び感情ストレスを除去・解放 2年前に『BBF』『タマゴ』は終えている これまでの4回で ・BBF(自律神経みたいなもの)を再度 ・『カルシウム』×2回 ・『ビタミンB』×2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金属アレルギー/酷い手荒れ 30代 女性 与那原町

2年前に初来院 腰痛、肩コリ、金属アレルギー症状のご相談+不妊にも悩んでいらっしゃったが、 初回の調整後、直ぐに妊娠、無事に出産されたと年賀状を頂いていた それ以来の来院。先月にお子さんを伴っていらっしゃいました 今回も腰痛がメインの来院であったが、しかし、手荒れが酷い 痒みも酷いとの事 以前は皮膚科にてステロイド系…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

アトピー薬使用後にガン

MSN産経ニュース 日本でも販売されているアステラス製薬の「プロトピック」(一般名・タクロリムス水和物)など2種類のアトピー性皮膚炎治療薬を使った米国の子どもが、2004年1月~09年1月の5年間に計46人、白血病や皮膚がんなどを発症し、このうち4人が死亡したと米食品医薬品局(FDA)に報告されていることが21日分かった。  適…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最近の患者さん、うつ、PTSD、長年の頭痛等々

最近の患者さん うつ、パニック障害、PTSDの患者さんから、生理不順、PMS、不妊症、アレルギー症状、10年も続いている頭痛の患者さん等々様々。 勿論、一般的?な、腰痛、ぎっくり腰や肩こりの患者さん、スポーツ障害まで、プロの卵から体調管理の方々も来院されています 皆さんに元気になって頂けるよう頑張ります …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アトピー性皮膚炎 大切なストレス対策

琉球新報記事 アトピー性皮膚炎 大切なストレス対策 治療てこずる原因に  日本人の12~13%に見られるというアトピー性皮膚炎は治療にてこずる人が多く、その一因としてストレスの関与がある。ステロイドを中心とした薬物療法やスキンケアに加え、ストレス対策が大切だ。 かゆくなくてもかく  アトピー性皮膚炎の悪循環について、東京慈恵…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

化学物質過敏症CS(経過 2) 30代女性

コツコツ反応を除去し、今年最後の来院(31回目) 前回10月に経過報告、その後もさらに改善している様子  以前は隣の知人が使用している整髪料の臭いでも調子を崩していたのが、先日隣にいても全く問題なかったとの報告 日常生活においても、ほとんど影響なく生活できているとの事である また、嬉しい事に、お友達のPT(理…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

酷い悪阻 30代 妊娠5か月

腱鞘炎の治療で5月末まで来院されていた患者さん 本日5か月ぶりに来院され、妊娠のご報告  しかし、酷い悪阻に悩まされ、2度入院したとの事である  本日は体調良く、悪阻もない アクティベータにて神経系の乱れを調整  NAETにて、今回はお腹の「胎児」との関係を調整  これで経過を見て頂く 他の物質…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

皮膚炎(肌荒れ・痒み) 40代女性

今年4月の終わりに初来院 他の治療院からのご紹介である  数十年前からの症状 肌がガサガサに荒れ、とても痒い 当初は専門医でステロイド剤を処方され、何年も使い続けたが断念 その他にも様々な症状、お悩みを抱えている カイロプラクティックにて神経系の乱れを調整し、NAET 基本項目から除去開始 途中、若干…
トラックバック:11
コメント:0

続きを読むread more

突発性血小板減少性紫斑病

女児 今月はじめ頃、下肢等のアザが気になり病院へ 血液検査にて「突発性血小板減少性紫斑病」と診断 当面は血液検査を繰り返し経過観察予定  心配された母親が、娘さんの治療も希望された 本日からNAETのみ開始 小児の急性型は自然に治癒するケースが多いが、慢性型に移行するものも10%程度はあるとの事 出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

書籍紹介 アレルギーからあなたを守る7つの方法

監修者まえがき   代替医療は我が国でも、このところ注目を浴びている領域である。近代医学の主流だった西洋医学による解決が困難な場合や、西洋医学的な薬物療法の副作用問題に対して、それ替わる解決策が求められるのは自然な流れだといえる。特に米国では、日本ほど保険制度が確立されていなかったことも、「正統派の」西洋医学に対抗する医療を受け入れや…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more